12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-30 (Tue)

私って、ラッキーだなあと思う。
人生初のタンゴショーが、タンゴの本場ブエノスアイレスだなんて。
まだこんなにヘタっぴなのに、チャンスをくれたリリアナに感謝!

先日の記事で書いたように、
タンゴ仲間だった(過去形)エリックが
突如戦線離脱してからの1週間の練習は、それはそれは凄まじかった。
ひょんなことから、一緒に踊ることになったディヴィッドにとっても、
このタンゴ漬けだった1週間は、面倒で苦しかったんじゃないかと思う。
ショーまでギリギリの日程だったのに引き受けてくれた彼にも感謝!

リリアナのサロンは、ディヴィッドの持ち家で彼自身住んでいる家なんだけど、
5ヶ月前に購入した中古住宅で、まだ全ての改築が済んでいない。
だから、こんな時期なのに、エアコンが入っていなくて、暑い。
そんな中、1日に数時間の練習をするのは、本当に辛かった。
こんなに踊ったら、あたしぜったい体重落ちるよ、
と思ったのに、全然落ちてないのも辛い。

さて。ショーの当日。
前日にようやく振り付けが完成したので、
ひとつひとつの動きを見直そうということで、当日の昼も汗だくでレッスン。
小さい頃から日舞の発表会やら舞台やらに立ったことのある私の経験では、
当日の昼まで練習しているなんてヤバい。でも、仕方ない。
汗ダラダラのまま、ショーの準備のため会場へ向かう。
会場に到着してすぐに、着替えもせず舞台の上で練習。
ここで立ち位置などを確認するも、振り付けが飛んだりしてけっこうアセる。

ショーの開始時間2分前に練習を切り上げ、
急いで控え室で着替える。
ノーメイクだった顔に、ショー用のぶっ濃いメイクを施す。
他の出演者たち(フラメンコやモダンバレエなど)は、
もうとっくに支度を終えていて、ソワソワしながら出番を待っている。
私たちの出番は5番目。
それまでに支度が間に合うかどうか、私はハラハラ。

なんとか支度を整えたら
リリアナに「最後にもう一度練習するから、急いで!」と言われ、大慌てで舞台袖へ。
ディヴィッドは縞のスーツに着替えていた。かっちょいぃぃぃ?と、しばし見とれる。
身長164センチの私が小さく見えるほど
背の高い彼がスーツを着てすかした顔をしていると、絵になるな?と思いながら。
いつまでも見とれている時間はないから、即練習開始。
その間も、どんどん出番が迫ってくる!

会場には、夫と日本人の友だち3人、カナダ人の友だち、
そしてアルゼンチン人の友だちとその恋人が駆けつけてくれていた。
みんな、どうもありがとう?!
あたし、まだまだヘタっぴだけど、一生懸命踊るからね?!
と決意をしている間に、さあ、私たちの出番。






夫よ。どうしてこの動画は曲の途中からなの?
まあいいけど。
踊りの最後に、「キスしているように見える」動きがあるので、
夫に事前に「ヤキモチやかないでね♥」と言ったんだけど
どうだった?妬いた?



第二部では、リリアナもそのパートナーと一緒に踊りを披露。
それがすばらしかったので、(多分)次回記事にて紹介。
リリアナたちのショーの後、4人でぱちり。

 PB280008.jpg

    PB280009.jpg


夫よ。どうしてこの写真は、レンズの汚れがそのまま写りこんでいるの?
まあいいけど。
ところで、このショーのために買ったタンゴシューズとへアドレス。
けっきょく本番では使わなかったの。
リリアナもディヴィッドも、私には赤が似合う!って言うから、
用意していた靴もヘアドレスも、出番のないまま...

ショーの後は、地ビールが美味しいBarへ。
ショーまで飲んじゃいけないと言われてガマンしていたので、
ここでビール3杯をぐびぐび飲む。
最後に、リリアナやディヴィッド、応援に来てくれた友だちとぱちり。
ブエノスアイレス生活で、1番の思い出になりました。
みんなに感謝!


 PB280011.jpg




| アルゼンチンでタンゴ | TB(2) |
-
管理人の承認後に表示されます…
2012/05/06 10:36  
-
管理人の承認後に表示されます…
2012/11/24 00:45  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。