12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-23 (Tue)




マドンナ主演の映画『エビータ』。
高校生の頃、当時甘い恋心を抱いていた男の子と観に行ったっけ。
隣に座る彼のことが気になって、内容なんてまったく覚えちゃいなかったけど、
そうか。あの映画って、アルゼンチンで撮影されたんだっけ。


夫のアルゼンチン赴任が決まって改めて観てみたら、
撮影場所として使用されているカフェやサロンの美しいこと。
特にエレガントな場所が、今回ご紹介するコンフィテリア


         【ideal】


です。
ちなみに"コンフィテリア"とは、コーヒーやデザートだけでなく
ちょっとした食事(軽食)やビール、ワインも飲むことの出来る場所。
レストランとカフェテリアの間、ってとこです。


さて、老舗中の老舗である【ideal】は、
前述の『エビータ』の撮影場所としても使われました。
1階部分が来んフィテリア、そして2階部分がサロンになっています。
大理石の床と柱、そして豪華なシャンデリアの光に包まれた店内、
哀愁あるバンドネオンの響き、タンゴを踊る男女...


ideal1のサムネール画像


▲ブエノスアイレスの夜は更けて。


ideal2.jpgのサムネール画像


▲タンゴを踊って○十年、というおじちゃんと踊りました。


ideal3.jpgのサムネール画像


▲生バンド演奏や、プロのダンサーによる踊りもあります。






"タンゴ通"や"アルゼンチン通"を名乗る人たちの中には、
客の多くが外国人観光客であるここ【ideal】を小馬鹿にする人もいますが、
かつては、地元のハイセンスな人々で賑わっていたミロンガ。
ショーのある夜は、たしかに観光客が多いものの、
そのため、平日の昼間?夕方にかけては、
地元のおじいちゃんやおばあちゃんの姿が多いのです。


近年、チープでカジュアルなミロンガ(タンゴを踊るサロンのこと)が増え、
タンゴから離れていた若者がミロンガに戻ってきたことは、喜ばしいことです。
でも、ここ【ideal】のように、古き良きアルゼンチンの雰囲気を残すミロンガで
しっとりとした一夜を過ごすのも、なかなかおつなもの。


 ここを知らなきゃ、アルゼンチンを知ったことにならない。
 ここを知らなきゃ、タンゴを知ったことにならない。



とも言われる老舗ミロンガで、大人の夜を過ごしてみませんか?


 【ideal】 http://www.confiteriaideal.com/public/Index/home?i=es
  住所 Suipacha 380 電話4328-7750
  行き方 地下鉄B,D,C線の駅が近くにあり。
  毎日タンゴクラスあり。時間はコチラでチェックしてね♪



| アルゼンチンでタンゴ | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。