123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-30 (Thu)




ウスアイア2010?2




すっかり忘れていましたが、8月に
「世界の果て」と呼ばれる南極に最も近い街、
ウスアイアへ行きました。
冬のウスアイア、これで3度目です。


「なんでそんな寒い時期に、
 そんな寒い場所へ、何度も通っているの?」



と、ポルテーニョの友だちにも訊かれましたが、
(ポルテーニョたちは寒いのがニガテなのです)
それは、クラシカルスキーの大会


  Marcha Blanca (白い行進)


に参加するためです。


ウスアイア2010?3






夏のウスアイアは、南極観光の拠点なだけあって
たくさんの観光客で溢れかえっています。
が、冬はスキー客のみ。


ホテルの代金も、冬のこの時期は夏のほぼ半額くらい。
それに加え、”○泊で1泊タダ”という設定のあるホテルも多く、
実際私たちも、10泊で2泊分の宿泊料は無料でした。
その上、これで3度目の宿泊ということで、
夕食を2食分サービスしてくれました。
チェックアウトの際には、ウスアイア産のワインを2本いただき、
もうこれで最後になるかもしれない、と
オーナー家族や従業員総出でお別れを交わしました。
小規模のホテルだから、とってもアットホーム。


 今年もこのホテル
  過去記事「世界の果て・冬のウスアイア ”Hostería Los Fuegos”」


さて。昨年のスキー大会では、
仮装(日本のお祭りファッション)で走りました。


ウスアイアでスキー大会(marcha blanca)に参加してみた。








今年も何か仮装を...と考えていたのですが、
これがおそらくここで参加する最後の大会になるので
競技として真剣に参加しよう!と夫が張り切ってしまい、
仮装での参加を断念。
今年は真剣に走ったのに、
私の記録は昨年とほぼ変わりませんでした。(...どういうこと?)




夫の友だち、フリオとその息子とは、
ブエノスアイレスでもこの大会に向けて練習していました。
みんな見事完走したので、表彰台をお借りして記念撮影!


ウスアイア2010?6




ウスアイア2010?5






そして今年も、色々な仮装をして参加する人が多かったのですが、
私が「いい!」と思ったイチオシの仮装は、この方。


ウスアイア2010?7




レトロ?!
昔、スキーって
男性はこういう服装、女性は丈の長いドレスを着て楽しむ
淑女と紳士のスポーツだったんです。


「世界の果て」ウスアイアで、スキー大会に参加してみませんか?


 Marcha Blanca 事務局公式サイト http://www.marchablanca.com/
 大会の動画や写真、参加者の順位を見ることが出来ます。




ウスアイアの観光スポット、レストラン情報は
 過去記事「世界の果て・冬のウスアイア?世界の果て列車etc?」
     「世界の果て・冬のウスアイア?ウスアイアのレストラン?」
   
 「世界の果て・冬のウスアイア?ティエラ・デル・フエゴ国立公園etc?」



「南米のパリ」ブエノスアイレスで暮らす私の日常、時々、ビーグル。
「犬と私とブエノスアイレス」


Twitterボタン


スポンサーサイト
| アルゼンチン国内の旅 | TB(0) |
2010-09-29 (Wed)

海外に住んでいると、
日本ではお目にかかれないような食材に出会うことがあります。
私が、ここアルゼンチンで出会ってビックリした食材は、


 手のひら大のブラウンマッシュルーム!!


さすが、世界第8位の国土面積を誇るアルゼンチン。
マッシュルームまでこんなにデカイとはッ!

このビッグマッシュルームをスーパーで何度か見かけても、
あまりの大きさに恐れをなし、買ったことがなかったのです。
それに、どう料理してよいのやら、見当もつかなかったし。
でもね...


  P7310181.jpg

  P7310183.jpg


先日、野菜の素揚げと同じように、油で揚げてみたら
これがとーーーーっても美味しかったのです。
ダシ、しょうゆ、みりんを混ぜたのと、
ネギ、そしてかつおぶしをかければ、立派な和食のおかずに。
肉厚なので、揚げてもくしゃくしゃにならず、
ほどよい歯ごたえが、これまたたまらーーーーーん♥


お掃除は好きだけど、お料理はニガテな私にとって、
見慣れないアルゼンチンの食材で和食にチャレンジするのはとっても大変。
だけど、スーパーで見かけた、ちょっと風変わりな食材を使って
日本で食べていたお料理に代用するのって、
失敗することも多い分、美味しく出来るととても嬉しい♪



  P7310184.jpg

夫が大好きなだし巻き卵も添えると、
カンタンなのに、ちゃんとした夕食の献立になりました。
料理下手な私の料理のうち、
だし巻き卵だけは、誉めてくれる夫。
この日使った卵は、仲良しの友だちが買ってきてくれた、
他とはちょっと違う卵なので、とても美味しくいただきました。
(ありがとう♪)


それから、このところ私がハマっている鶏肉レシピ、

  P7270165.jpg


鶏肉のねぎマヨ炒め。

塩、コショウ、酒、醤油の調味料を
鶏肉にもみこんで10分ほど置きます。
その後、全体に片栗粉をまぶして、
フライパンに、通常の油の代わりにマヨネーズを入れ
マヨネーズが溶けたら、材料を炒めるだけ!

最後に、炒めた時の半分くらいの量のマヨネーズ(大さじ1くらい)、
ポン酢で味を整え、ネギをパラパラ。



日本に帰ったら、
この主婦生活にピリオドを打つつもりでいるけれど、
主婦でいる間くらいは、いろいろなレシピをマスターしなくちゃなあ。




     世界各地の駐在妻ブログがてんこもり!



         にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ



| アルゼンチンで料理修行 | TB(0) |
2010-09-28 (Tue)

気持ちのいいお天気だった日曜日。
いつものように、近くのカフェで朝食を食べたら、
そのまま、いつもの公園へ。




  日曜日1


短い春が駆け足で過ぎ去れば、
強い日差しと、緑の並木が作る陰のコントラストが眩しい夏がやって来ます。



  日曜日2


この日、パレルモ公園では市民マラソン大会が開催されていました。
冬の休日は、ジョギングする人もまばらだったジョギングコースも、
これからどんどんジョガーたちが増えてくるんだろうなあ。



  日曜日3


マラソン大会の邪魔にならないようにと、
この日は池の周囲を散歩することに。
いつもいるアヒルたちはどこに行ったんだろう。
池の向こう側で、エサをもらっているのかな。




   日曜日4


家に帰ったら、夫はプールでひと泳ぎ。
お天気がいいとはいえ、まだ空気は肌寒いのに、
毎年、誰よりも早くプールデビューする夫。
夏が過ぎ秋になっても、
防寒用水着を着て泳ぐほど、水泳が好き。



  日曜日5

愛犬が、いつものようにダラダラ過ごす
休日の昼下がり。



            ラテンとビーグルが大好きなあなたに。

               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-09-27 (Mon)


春の日(9/21)が過ぎても、朝夕ちょっぴり肌寒いブエノスアイレス。
でも、大嫌いな冬が終わりを告げ、
1年のうち最も心がウキウキする夏が近づいています。
こうなると、どこか旅へ出かけたくなる!

今年4月に、アルゼンチン北部サルタへ出かけた後は、
今年で3度目となった冬のウスアイアへのスキー旅行。
先月、南極に最も近い街で寒い思いをしたので、
今度の旅行は、太陽がガンガン照りつけている場所に行きたい!

そう考えたら、トゥクマンに行くしかないような気がしてきました。
サルタのちょい下、自然や文化的な特徴はサルタとほぼ変わらない地ですが、
大好きなアルゼンチンブランド【CARDON】のお洋服が
この地方をイメージしているので、ますます行くっきゃない。
そんな気がしてきたのです。




  gal__858454985_c47a89abcf24420e39ad511e80c350be.png gal__707092059_771c75eb8e91c4d2de3822cbc7b92e65.png

  gal__62149396_cc6c0f489642c4eb5577ad513bc8f200.png IMG_3040_redimensionar_d017c13623d588ac510d3e4ae584a5f9.png

  IMG_2991_redimensionar_4a60ea8aa19c88d91d5a3433c13e74ac.png
  ▲写真/トゥクマン観光サイトより



アルゼンチン国内旅行の手配は
日系の旅行会社に頼んでもいいのですが、
自分で格安航空券を探したり
口コミをもとにホテル検索をしたりするのが楽しい♥
旅はすでに、ここから始まるのよ!
と思っている私は、いつも個人手配。
まずは、LAN航空のHPで航空券の予約&購入。

夫は、若い頃旅行会社に勤めていたクセに、
こういう時の旅行の手配は、一切手伝ってくれません。
それなのに、私が手配したホテルに、時々ケチをつける。
だからホテル選びは、慎重にしなくちゃ。

以前夫が旅雑誌を見て
「泊まってみたい」と言っていたホテルに電話をしてみると、
5部屋しかないこのホテル、もうすでにその日は満室とのこと。
念のため、金額を訊ねてみてビックリ。
1泊1000ペソだって!
仮に部屋が空いていたとしても、
ココに泊まることは出来ないわ...。
その後もいろいろ検索してみたけれど、
いいなあと思うホテルって、どうしてこう高いのかしら。


そんなこんなで、いまだ泊まるホテルは決まっていないけど、
航空券さえあれば、何とかなるよね。


















| アルゼンチン国内の旅 | TB(0) |
2010-09-22 (Wed)
国立タンゴアカデミーで出会った、
Lilianaのプライベートクラスを受けています。
彼女から、週に1度のプライベートクラス
週に1度か2度のグループクラスでも教わっているし、
夫も彼女のプライベートクラスを、週に1度受けているので、
1週間のうち何度も顔を合わせています。

これは、ある日の個人クラス。
サンテルモ地区にある、彼女のサロンで踊っています。
3階建ての建物で、3階部分が鏡のあるサロンになっているのですが、
この日は壁のペンキが乾いていなかったので、その下のバンドスペースでの練習。



  


  



タンゴを始めた2年前に比べると、
二人とも上達した!と思う。
でも、技術はまだまだだし、
それ以上に、味のある踊りがまだ出来ないのよねー。
ミロンガで踊っているおじいちゃんとおばあちゃんのような、
音楽と踊りが、じゅわ?っと溶け合っているような踊り。

いつか、そんな風に踊れるようになるのかしら。


| アルゼンチンでタンゴ | TB(0) |
2010-09-21 (Tue)
¿ Por qué no bailamos tango ?

Voy a ir a " La Catedral Club " con mis amigos esta noche.
El club tiene buena picada!


ツイッター、問題解決したようですが
ちょっとアクセスするのコワいので
こちらにお知らせします。
今晩おヒマな方、ぜひ一緒に!
今日はカンジェンゲの日です。

| アルゼンチンでタンゴ | TB(0) |
2010-09-21 (Tue)

この時期になると食べたくなるのが、
パステルカラーのマカロン
フランスを代表する、この可愛らしいお菓子は、

  南米のパリ

と呼ばれるブエノスアイレスにもピッタリ。



   春だから2


そして、春になると欲しくなるのが
ピンク色の雑貨やアクセサリー。
30過ぎて、ピンクって年じゃあないでショ!
と、自分で自分に突っ込みをいれながらも、
オンナですもの、やっぱりピンクは大好きです。

先日、とある雑貨屋さんで発見したのは、
お菓子をモチーフにしたネックレスとピアス。


   春だから3

   春だから5

   春だから4


食べちゃいたーい
大好きなお菓子と、いつも一緒にいられる嬉しいアクセたち。
昨年の夏に購入して、この夏にもヘビロテ間違いなしの、
vincenttのワンピース(↓)に合わせたら可愛いかも。

   P3150117.jpg



     世界各地の駐在妻ブログがてんこもり!



         にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-09-20 (Mon)

暦の上の「春の日」まであと少し。
ブエノスアイレスはすっかり、春の雰囲気に包まれています。
路上のお花屋さんにも、パステルカラーの春らしい花々が売られ、
街を歩けば、優しい花柄のワンピースたちがウィンドーを飾っています。

この季節、頬をなでていく風も心地よく、
お昼寝すると気持ちがいいですよね。
だから、うちの愛犬も、ほら....


   春だから
    ・・・季節に関係なく、昼下がりにはいつもウトウトしているけどね。





            ラテンとビーグルが大好きなあなたに。

               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-09-15 (Wed)


P9050055.jpg




アルゼンチンは、もうすぐ春を迎えます。
日本の「立春(2月4日)」のように、
暦の上で春が始まる日とされているのが9月21日。
このディア・デ・ラ・プリマベーラ( Dia de la Primavera/春の日)には、
夫婦や恋人、ご近所や友人同士で花を贈り合う素敵な習慣もあります。


さて、春の足音がもうすぐそこまで聞こえているアルゼンチンですが、
ちょうどこの時期は、強い風が吹き天気が不安定になります。
今日も、天気はいいけれど風が強い!


日本でいう「春一番(立春の頃に吹く強い風)」と同じく、
アルゼンチンでもこの嵐に、名前が付いています。
それが、サンタ・ロサ(Santa Rosa/聖なる薔薇)です。
毎年、8月30日頃にやって来るこの嵐。
今年は例年よりちょっと遅れてやって来たようですが、
強い風と激しい雨をともなうサンタ・ロサが過ぎれば
アルゼンチンに本格的な春がやって来るのです。


300px-Temporal_santa_rosa_2003.PNG.png


            ▲衛星写真で見る「サンタ・ロサ」(写真転載元はコチラ


このサンタ・ロサ。
直訳すると、「聖なる薔薇」という意味ですが、
なぜこの時期の嵐にこのような名前が付けられたのでしょう。


実は、サンタ・ロサの嵐は、単に聖なる薔薇という意味ではなく、
リマ(ペルー)のマリアである
リマのサンタ・ロサ(Santa Rosa de Lima)の伝説が基になっています。


 詳細はコチラ(西語のみ)wikipedia/Rosa de Lima


200px-Sta_Rosa_de_Lima_por_Claudio_Coello.jpg


                ▲聖女サンタ・ロサ。(写真転載元はコチラ


ペルーで、というより南米諸国で最も有名な聖女であるサンタ・ロサ。
31歳の若さでこの世を去るまで、自らに過酷な苦行を課し、
彼女のもとを訪れる貧しい人々や病める人々に対し
いくつもの奇跡を起こしたと言われています。


彼女にまつわる数々の奇跡のうち、1615年8月30日に起きた奇跡。





 リマの港町カリャオに、
 リマの街や教会の破壊を脅かすオランダ人の海賊の一隊が現われた。
 これを知ったロサは、修道服の袖を肘までたくし上げると、
 取 り出した剣で修道服の裾を切り、祭壇を守ろうとした。
 それは、神のために闘い、命を捧げるという宣誓であった。
 その後、海賊がサント・ドミンゴ教会に近づいているという噂が流れると、
 ロサはオ ランダ人によるキリストへの攻撃を自らの体に受けるべく、
 祭壇に登り自分の身を捧げる決心した。
 すると、しばらくして海賊は北のほうへと向かって逃げていった。
 リマの人々は、
 ロサが命を捧げることを神に誓ったことによる奇蹟であると信じた。







この奇跡が起きた日とされる8月30日前後に、春の嵐がやってくることから、
この時期の嵐のことを、「サンタ・ロサの嵐」と呼ぶようになったのです。


 詳細はコチラ(西語のみ)wikipedia/tormenta de Santa Rosa




イエズス会の伝導によって、
南米大陸にキリスト教が伝わってから400年あまり。
毎年やって来る春の嵐の名前の由来に、
この国の人々の暮らしが、宗教と共にあるのだということを感じます。


アルゼンチンに、もうすぐ春がやって来ます。






| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-09-14 (Tue)




La Horqueta11




牧畜の国アルゼンチンには、広大なパンパに
たくさんの大牧場があります。
エスタンシア(ESTANCIA)とは、宿泊できる牧場や農場のことです。
週末、車を走らせて郊外のエスタンシアに行き、
アサード(バーベキュー)や乗馬などを楽しむのが
この国の中流家庭の休日の過ごし方。
我が家も、ちょっとした連休にはエスタンシアへ出かけます。


 過去記事「パンパで牧場体験!*ESTANCIA LA BRAVA」
      「パンパで牧場体験!(後編)」




今回ご紹介するエスタンシア【La Horqueta】は、
首都ブエノスアイレスから車で1時間ちょっとで行くことのできる
湖の街チャスコムス(Chascomús)にあります。


La Horqueta10




La Horqueta3




La Horqueta1




La Horqueta2






オーナーのエンリケ(Enrique)さんのルーツは、イタリア北部のコモ地方です。
次男だったお祖父さんは、両親から仕事や財産を相続することが出来なかったので
イタリアでの暮らしに希望を見い出せず、
それでアルゼンチンに移住することを決意したのだそう。
湖の多いこの土地を選んだのは、ここが故郷にそっくりだったから。
たしかに、コモ湖でスイスに接しているコモ地方は、
チャスコムスに雰囲気がよく似ています。
アルゼンチン生まれのエンリケさんの父親は医師となり
エンリケさん自身も専門職に付いたため、
お祖父さんから受け継いだこの牧場は宿泊できるエスタンシアとして、
本業のかたわら経営しているのだそうです。




La Horqueta4




La Horqueta7






宿泊用の客室は、人数によって部屋のタイプが違います。
時々、お湯の出が悪いエスタンシアもあるのですが、ここは大丈夫!


La Horqueta12




La Horqueta13




La Horqueta14




到着したらまず、暖炉の火がぱちぱち燃える暖かい食堂で
アルゼンチンの田舎料理をいただきます。
ワインにこだわりのあるエンリケさんが選ぶワイン片手に、
アサードやカルボナダ(アルゼンチン風煮込み料理)が旨い!


 過去記事「アルゼンチンで料理修行?カルボナダ?」


ただ、塩味控えめな首都ブエノスアイレスの料理に慣れていると、
このエスタンシアの田舎料理はかなり塩がきつく感じます。
なので、食事のリクエストの際は
「塩控えめに」とお願いした方がいいかもしれません。




さて。美味しいランチをいただいた後は、いよいよ乗馬体験!
このエスタンシアで飼われている犬たちが案内役です。
乗馬の時に便利なのが、ガウチョの定番ファッションのボンバチャ。
この日は、黒地に赤や黄色のお花たちが刺繍されているボンバチャを着用、
オンナらしい乗馬ファッションで心ウキウキです♥


 過去記事「ガウチョファッションに注目!ボンバチャを買ってみた」


La Horqueta16




La Horqueta22




La Horqueta17




La Horqueta18




こうして片手に手綱を持つのが、アルゼンチンのガウチョ流。
エスタンシアで、もう何度も乗馬を体験しているので、
私も馬の扱いが慣れてきました。
それでも夫のように、馬追いなんて出来ないけど、


La Horqueta19








・・・歯科検診 をやってみました。
馬の歯って、大きいんですね。
馬は出っ歯だと思っていたのに、
まるで図書室の本棚のように美しい歯並びでビックリしました。




湖の街チャスコムスにあるこのエスタンシアには、
プライベートの湖まであるのです。
犬たちが、案内してくれました。


チャスコムス




La Horqueta5




La Horqueta9






チャスコムスといえば、ペヘレイ(ラ・プラタ川原産の白身魚)
を出すレストランが多いことでも知られています。
私自身、ペヘレイ料理が大好きで、
以前エントレリオス州でペヘレイ釣りを体験したことがあります。


 過去記事「ウルグアイ川でペヘレイ釣り」


この街最大の湖、チャスコムス湖をはじめ
大小いくつもの湖で、ペヘレイ釣りを楽しむことが出来ます。
が、かつてこの辺りでは、ペヘレイがほぼ全滅してしまったことがあり、
2002年から2005年まで、日本のODAプロジェクトによって
チャスコムスにペヘレイが戻ってきたという経緯があります。


 JICAニュース「日本・アルゼンチン友好の魚『ペヘレイ』祖国へ里帰り」


日本とアルゼンチン、地球の裏側に位置する遠い国同士ですが、
こういうつながりもあるのだということ、
もっとたくさんの人に知ってもらえたらいいなー。




La Horqueta20




La Horqueta21




夕方、ボートで湖にこぎ出してみました。
双眼鏡を持たせてくれるので、
巣に帰ってゆく鳥の群れを観察しました。
湖の向こうに沈んでゆく夕日の美しさ。
静かな時間が流れていきます。





 【La Horqueta】 http://www.lahorqueta.com/


 宿泊費(2泊3日,食事とアクティヴィティ込み)/
  
760ペソ+消費税(1人あたりの値段です)
 HPは日本語表記もあります。
 オーナーさんの友人に日系人の方が何人かいて、
 彼らがこのエスタンシアのHPを日本語に翻訳したのだそう。
 そのため、これまでに何組も日本人夫婦やファミリーが宿泊したとのこと。
 日本人客の扱いには慣れているかも?






     世界各地の駐在妻ブログがてんこもり!



         にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ


| ブエノスアイレス近郊の旅 | TB(0) |
2010-09-14 (Tue)

日曜日のお散歩、いつもの公園。
朝早くに家を出たので、まだ誰もいない。
いつもなら
隣の家に住むプードルちゃんに会うのだけど、
まだ、寝ているのかな。


  春はまだ?2


私の住んでいる地区は、
世界三大公園のひとつに数えられるパレルモ公園(正式名称は2月3日公園)をはじめ
地区の大半を公園や緑地が占めています。
だから、公園内でゆったりとジョギングやインラインスケートを楽しんだり、
バラ園をブラブラ散歩したり。
そういう時間が過ごせるので気に入っているのだけど、でもそれも平日だけ。
アルヘンティーノたちは、大人も子どもも公園で過ごすのが大好きで、
休日になれば、この地区の人口密度は倍にふくれあがります。
特に日光浴を楽しむ夏には、公園の芝生が見えなくなるくらいの人、人、人!
だから私は、休日の公園って好きではありません。


  春はまだ?

この日、早起きして出かけたから、人も犬もいない公園を2人占め。
でも源内は、一緒に遊ぶ友だちがいなくて、ちょっぴり寂しそう。

 


            ラテンとビーグルが大好きなあなたに。

               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-09-13 (Mon)



うちの夫が、タンゴを始めました。
私やエリックが個人レッスンをしてもらっているリリアナに、
夫も個人レッスンをしてもらうことになったのです。






フラメンコをやっていた本人の希望で、
テンポの速いミロンガから練習することに。
・・・おぬし、なかなか筋がいいじゃないの。



| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-09-12 (Sun)


納豆が大好きです。
幸い、ここアルゼンチンでも
日系人の方が納豆を作っていらっしゃるので、
毎週それを配達してもらっています。
でも、タレが付いていません。
納豆って、タレが付いて売られているのが当たり前だと思っていたので、
あのタレをどうやって作ればよいのか、最初は途方に暮れました。
でも、近所に住む元日系団体会長さんのセニョーラに教えてもらったので、
今では、自家製のタレでなければ納豆が食べられないカラダになってしまいました。


そんな、納豆大好きな私ですが、
納豆にご飯、という定番の食べ方に飽きてしまったので

   納豆パスタ

にチャレンジしてみました。
これがなかなか美味しかったので、ご紹介します♪



 1.納豆とタレ(2人分)、ツナ(1缶)、卵(1個)、
  マヨネーズ(大さじ2)、味噌(大さじ1)、みりん(大さじ1)
  これらの材料を、グチャグチャ?と混ぜ合わせる。
 2.パスタ(2人分)をゆでながら、大根をおろす。
  ネギは小口切り。
 3.ゆであがったパスタと、(1)のソースをフライパン(弱火)でからめる。
 4.(3)をお皿に盛りつけ、最後に大根おろしとねぎをのっける。
 5.できあがり?☆



カンタンでしょ?
ネバネバなソースがパスタにからまっている様子はちょっとコワイのですが、
食べてみると、これがなかなか旨いのです!

 P8040272.jpg

 P8040273.jpg
(この日は大根がなかったので、大根おろし抜きの納豆パスタ)
 

大根おろしがないと、かなりしつこい味に感じます。
このパスタに、大根は必須です。
きざみのりをパラパラとふりかけてもいいかも。



| アルゼンチンで料理修行 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。