12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-30 (Sun)




%83%8D%83V%81%5B%83I%82%CC%8F%84%97%E7%81%60%8F%AC%82%B3%82%C8%83_%83%93%83T%81%5B%81%60.jpg



ロシーオの巡礼といえば、
スペインの熱心なキリスト教信徒たちにとって、とても重要な宗教的祭りです。


ウエルバ県のロシーオの村に向けて旅立つ巡礼者たち。
8日間もの巡礼、長い道のりを歩く彼らを励ますための、歌や踊り。
巡礼の途中でふるまわれる伝統の料理やワイン・・・


この時期になると、日本でも時々
海外ニュースで取り上げられたりしますね。


そのロシーオの巡礼は、実はアルゼンチンでも行われているのです。
去る5月23日(日)に、ブエノスアイレス郊外の町 Santos Lugares
ミサ、そしてささやかな巡礼が行われました。


私たちをこの巡礼に招待してくれた友だちのアナは、
在アルゼンチン・スペインアンダルシア協会の会長さん。
アンダルシアの音楽といえばフラメンコですが、
2年前、あるフィエスタでセビジャーナスを踊っていた私の夫に、




「セビジャーナスを踊れるのなら、うちのフィエスタにも来てみない?」




と、声をかけてきたのが彼女でした。
それ以来、アンダルシア協会が主催する行事があると、いつも招待してくれます。






▲教会でのミサの後、町内をテクテク歩く。通りで披露されるセビジャーナス。




この手の行事に招待していただくと、日本人であることがよほど珍しいのか
たいていマイクを握らされ、何か話さなければならない状況に陥る夫。
今回は、日本とアンダルシアのふか?い関係について話していました。








アンダルシアには、「ハポン(Japón)」という名字を持つ人々が住んでいます。
その字のごとく、「日本」という意味です。
彼らの顔は、間違いなくスペイン人に見えるのですが
実は彼らの遠い祖先は、
江戸時代の初めに通商を求めスペインに渡った30人のうち
アンダルシア地方に留まることにした10人の日本人
なのです。
日本とアンダルシアって、実はふか?い関係にあったのですね。


詳細はコチラを参照




%83%8D%83V%81%5B%83I%82%CC%8F%84%97%E7%81%60%83p%83G%83%8A%83A%81I%81%60.jpg



美味しいパエリヤとワインでいい心持ちになったところで、
フラメンコショーが始まりました。
歌っているのは、アルゼンチンを代表するフラメンコ歌手のクラウディア・モントージャ
そしてギターは彼女の娘です。
彼女たちは日本でも公演を行っているので、ご存知の方もいるかもしれません。


%83%8D%83V%81%5B%83I%82%CC%8F%84%97%E7%81%60%83_%83%93%83T%81%5B%82%BD%82%BF%81%60.jpg







▲フラメンコの衣装って、色とりどりでとってもキレイ。




日本にいた頃も、そしてスペインに旅行に行った際も、
フラメンコ好きの夫にくっついて、あちこちのタブラオに足を運びました。
そして感じるのですが、




アルゼンチンのフラメンコって、レベルが高い!




▲タンゴもいいけど、情熱のフラメンコも習ってみたいなぁ。
 踊っているのは、このグループを教えているフラメンコの先生です。





スペイン系移民の多いアルゼンチンには、
フラメンコ教室もタブラオもたくさんあります。
南米にいながら、スペインを旅したような気分になれる。
アルゼンチンって、とってもお得な国です。




最後はセビジャーナスで大盛り上がり!
スペイン系移民の多いアルゼンチンでは、パソ・ドブレを踊る機会が多いのですが、
セビジャーナスも踊れるようになると、こういうフィエスタをもっと楽しめます。






▲アルゼンチンでセビジャーナスを踊るヘンな日本人にみんな大喜び。




この日は、アルゼンチンの建国200年を祝う5日間のうちの3日目。
セビジャーナスを踊りすぎてクタクタになった体で、
建国200年のイベントが行われている7月9日通り(Av.9 de Julio)に向かいました。
あのオベリスコが窓から見えるお部屋を予約できたからです。

アルゼンチンの建国200年を記念して行われた各種イベントは、
「地球の歩き方/ブエノス・アイレス特派員ブログ」にてレポートします☆






スポンサーサイト
| 楽しむ!ブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-28 (Fri)

アルゼンチンに住んで2年ー。
色々な「物」や「サービス」の値段が上がったなあと感じます。
日本に比べれば、まだまだ物価は安いと思うのですが
日々の生活をする上で切実なのが、


散歩屋さんのお月謝
お手伝いさんのお給料



です。

うちの源内は、一度散歩屋さんを変えたものの
やっぱりビーグル専門の散歩屋さんに戻りました。
この散歩屋さんに支払うお月謝が、

 (2年前)180ペソ(現在)220ペソ

これが、来月から250ペソになるのです。
2年前と比べると、70ペソのアップ。

そして、週に3回来てもらっているお手伝いさんの時給。

 (2年前) 6ペソ(現在)10ペソ

でも、うちのアパートで働いているお手伝いさんの時給の相場が12ペソだから、
そんな給料じゃやってらんないわ!と辞めてしまうのも時間の問題。

これだけ物価が上がっているのに、国民の給料は上がっていないというし
一体どうなってるの、アルゼンチン!

ただ、私たち日本人にとってすれば、
ペソだけで考えると物価上昇著しいものの
ペソに対して円が強くなっている(円高)ので、
実際の家計に与える打撃はそう大きくはないという人もいます。

でも、家計をあずかる主婦として感じるのは


    大打撃


でしかないんですけど?




でかばなのげんちゃん

▲売れ残りビーグルの源内は、破格の900ペソだったけれど
 ワンコたちのお値段も上がっているのかしら。





            ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ





| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-27 (Thu)




アルゼンチンのバースデーを(勝手に)祝った後は、
〈Centro Cultural;Borges〉に行きました。
アルゼンチン生まれの偉大な作家、ホルヘ・ルイス・ボルへス(Jorge Luis Borges)
彼の功績を称えて設立された財団が運営する文化会館です。
ここでは、タンゴ、フォルクローレ、フラメンコ、ミュージカルなどなど
様々なタイプの芸術・芸能を楽しむことが出来ます。


私たちも毎月のように足を運んでいるのですが、
今回は、あのピアソラの代表的なタンゴ・オペリータ(タンゴの小オペラ)、


  「ブエノスアイレスのマリア/María de Buenos Aires」


Mar%3Fa%20de%20BsAs.jpg

Centro Cultural;Borges/イベントカレンダーより転載。




本来なら120ペソのはずの席を予約したのですが、
この日は特別価格の70ペソでした。ラッキ?♪


バンドネオンの響きに乗せて、語り手である小悪魔が、
今はもういないブエノスアイレスのマリアを呼び寄せることから始まります。
幼子マリアは、たったの7日間で成人してしった・・・とマリアの生い立ちを語る小悪魔。
蘇ったマリアの陰が身ごもる第2部。
私程度のスペイン語理解能力では、小悪魔の台詞が完璧には理解できなかったのですが、
マリアの陰が産み落としたのは、もう一つの幼子マリアだった・・・
というところで幕は閉じるのです。


マリア役の女性歌手の歌声も、マリアに恋する雀のポルテーニョの歌声も、
それはそれは美しく響き、涙を流す観客もいたほどでした。




ところで、この〈Centro Cultural;Borges〉
いつもたくさんの観光客と、地元のミドルクラス、ハイクラスの人たちで賑わう
Galerias Pacifico というデパートに併設されているのですが、
このデパートの天井が美しすぎるのです。


%94%FC%82%B5%89%DF%82%AC%82%E9%93V%88%E42.jpg

▲この場所で記念撮影する人多し。私も!




***********************************************************************
 〈Centro Cultural;Borges〉


 住所Viamonte と San Martin の角にあります。
 URLhttp://www.ccborges.org.ar/index2.htm


***********************************************************************



| 楽しむ!ブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-26 (Wed)



2010年5月25日。
アルゼンチンは、建国200年を迎えました。
この記念すべき日を祝うために、
21日(金)?25日(火)まで(22?25日までは祝日)
ブエノスアイレス市内で様々な行事やイベントが開催されました。

その様子は、いずれ
「地球の歩き方/ブエノス・アイレス特派員ブログ」にてご紹介するとして、
祝日の初日は、美味しいスイーツをいただきながら
アルゼンチンのバースデーを祝いました。

アルゼンチンのスイーツと言えば、ケーキやクッキーなど
ありとあらゆる物に、ドゥルセ・デ・レチェが使われています。
このドゥルセ・デ・レチェが激甘で、
アルゼンチンのスイーツは甘すぎてニガテという在留邦人も少なくありません。

しかーし!このところの健康ブームで、
減塩とか脂肪ゼロなどと謳う食品が増えているアルゼンチン。
もちろん、甘さ控えめなスイーツもあります。

   甘さ控えめなので、たくさん食べてもOKよね!

なんて自分を納得させて、
カップケーキ、チョコレートケーキ、いちごのムース、マカロンを
煎れたてのコーヒーと一緒にペロリといただきました。

ハッピーバースデー・アルゼンチン!1

ハッピーバースデー・アルゼンチン!2

ハッピーバースデー・アルゼンチン!3

ハッピーバースデー・アルゼンチン!4

ハッピーバースデー・アルゼンチン!6

ハッピーバースデー・アルゼンチン!7

ハッピーバースデー・アルゼンチン!8
             欲しいの?


これらのケーキを製造・販売しているのは、
【Grupo Almmar SRL】という食品会社で
スイーツだけでなく、パンも美味しいのです。

大手デパートやスーパーの食品売り場に売り場を抱えているのですが、
ショーケースの中のケーキたちはどれも
ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』に登場する
色とりどりのお菓子たちのような雰囲気。
だから売り場の前を通ると、可愛らしいケーキたちが私を手招きしているようで
予定外でも、つい何個か買ってしまうのです。

東京に住んでいた頃は、よくケーキバイキングに行って
コレでもかッというほどケーキを食べたりしましたが、
久しぶりに、ケーキでお腹いっぱいになりました。
食べ過ぎちゃったけど
建国200年という大切な年なんだから、ま、いっか。

  ハッピーバースデー、アルゼンチン!



**************************************************************************

 【Grupo Almmar SRL】

 URLhttp://www.grupoalmar.com.ar/
 本店住所Av.San Martin3060(Florida)

**************************************************************************
| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-15 (Sat)


%83T%83%93%83%5E%81E%83%8C%83e%83B%83V%83A2%81i%81%96%81j.jpg





エルサルバドルでは、高地でコーヒー豆が栽培されています。
コーヒー農園が経営するレストランやホテルも多いそうですが、
そんなホテルのひとつ【サンタ・レティシア】に1泊しました。




クリックすると大きな画像をご覧いただけます。


休日は、たくさんのお客さんで賑わうそうなのですが
平日だったので、宿泊客は私たち3人だけ!
早朝、鳥のさえずりで目が覚め、敷地内を散歩してみると
ピョンピョンと飛び跳ねるリスを何匹も見ました。
可愛らしいリスの姿に癒されます。




散歩の後は、朝食をいただきました。
コーヒー農園が経営するホテルなだけあって、
コーヒーがとても美味しい。
と言っても、エルサルバドルで飲むコーヒーって
どこで飲んでもかなり薄い。
アメリカンコーヒーが好みという人にはいいかもしれないけど、
毎朝エスプレッソを飲まないと目が覚めない私には
やっぱりちょっと物足りないかな。




サンタ・レティシアの朝食5
サンタ・レティシアの朝食4


▲マッシュポテトならぬマッシュな豆のサラダと、
 揚げたバナナが朝食の定番。





このホテル、実は敷地内に


  マヤ文明の遺跡


があることで知られているのです。
宿泊客にのみ公開しているそう。早速行ってみることにしました。

>> ReadMore
| 中南米旅行記 | TB(0) |
2010-05-12 (Wed)


この記事は「地球の歩き方/ブエノス・アイレス特派員ブログ」
 にもアップされています。(2010.5.10)




  イサルコ火山4






先週のゴールデンウィークに、
中米の小国・エルサルバドルへ行きました。
グアテマラ、ホンジュラスと国境を接し、
国土面積は四国ほどの広さしかありません。
そんな小さな国だけど、火山と湖がいくつもあり、
地形は変化に富んでいます。
あのロンリー・プラネットが選ぶ、
おすすめの国ランキング(2010)の1位に選ばれたというエルサルバドル。
5泊6日の旅レポをお届けします。

>> ReadMore
| 中南米旅行記 | TB(0) |
2010-05-10 (Mon)

ゴールデンウィークは、エルサルバドルへ旅行に行きました。
その旅行から帰ってきたら、夫が高熱でダウン。
旅行前から風邪をひいていたのですが、こじらせてしまったよう。

源内がずっと付きっきりで看病してくれているのですが、


      ・・・・・え?これが看病?

  看病?


あんたがそこにいるせいで、
何だかとっても苦しそうなんですけど?



寝室から追い出したら、
今度はキッチンで寝ていました。



ーでも。


  何もそんなトコで

  ・・・・・なにも、そんなトコで寝なくたって。




            ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-07 (Fri)


ネイルサロンに行きました。
ブエノスアイレスの場合、
ネイルサロンと美容室が一緒になっている店が多いので、
ネイルとヘアスタイルをトータルにイメージチェンジ出来ます。


 

   ネイル1


   ネイル2



この日は、シンプルなフレンチネイルにしてもらいました。
私の爪は折れやすいので、いつも短めにしています。

この夜は、イタリアンが食べたくなったので、
以前こちらでご紹介したイタリアンレストラン【FILO】に行きました。
いつ行っても美味しいし、何を食べても美味しい♪
やっぱり、おすすめです。


| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-03 (Mon)


源内も、元気です。

先日、食卓の椅子に座っていた源内が
何やら一生懸命に窓の外を見ていました。



   何を見ているの?

               何を見ているの?


   窓を拭く人
               ・・・!!!!


うちのアパートは高層なので、
月に1度、こうして業者さんが窓ふきをしてくれるのです。


   窓を拭く人2



カメラに気がついて、ポーズをとってくれました。



          ーねえ、今の、見た?!
   今の、見た?




            ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-05-01 (Sat)



5月になりました。
すっかりご無沙汰しておりましたが、
皆さんいかがお過ごしですか?

地球の裏側・アルゼンチンは、
短い秋を迎えています。
私は、数ヶ月ほど前から、
ホームシックにかかっていて



   日本に帰りたーい!




と、毎日のように思っています。
アルゼンチン、とてもいい国ですし
「南米のパリ」ブエノスアイレス生活を
それなりに楽しんではいるのですが、
青い海がないのが辛いです。
オキナワに帰りたいなぁ・・・・・。



| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。