12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-12 (Fri)
「イタリア移民が多いのに、
 アルゼンチンで食べるパスタってイマイチなのよねえ・・・」


と思っていました。
以前ご紹介した【GUIDO'S BAR】は別として、
ブエノスアイレス市内のレストランで出されるパスタは
全然アルデンテじゃないし、
ソースの種類も少ないし・・・(だいたいミートソース)
そう思っていました。

でも、今日ご紹介する【FILO】は、
本場イタリアのパスタやピッツァに負けないくらい
それはそれは美味しいイタリアンレストランなのです。

FILO3.jpg


このレストランがあるのは、
観光客で賑わうフロリダ通りにほど近い場所。
ビジネス街にあるので、
ランチタイムにはサラリーマンたちの姿も。


FILO4.jpg
▲私のおすすめは、マッシュルームの入ったピッツァ。
 今年初めにローマを旅したのですが、あの時の感動がよみがえる本場の味!



FILO1.jpg
▲メニューは種類がたくさんあって、どれを食べるか絶対に迷います。

FILO2.jpg
▲ジェノベーゼも美味しいのです。




イタリアンレストランなだけあって、ワインの品揃えもすごいです。
しかも!そんなに高くないです。(めちゃくちゃ安いってワケでもないけど)

広々とした店内、客席もかなり多いので、
グループ旅行の方々にもおすすめ。
ピッツァの生地を、クルクルッと回し投げているところや
大きな釜で焼いているところも、客席から見えるので面白いです。


*********************************

【FILO】
 住所San Martín 975
 電話4311-0312/4311-1871
 URLhttp://www.filo-ristorante.com/
 予算*ランチ/60?70ペソ ディナー/70?80ペソ

 ブエノスアイレスのレストラン検索サイト「Guia Oleo」の評価も参考にして下さいね。

*********************************
スポンサーサイト
| 食べる!ブエノスアイレス | TB(0) |
2010-03-10 (Wed)


escudolamartinablog.jpg



イギリスのチャールズ皇太子が愛用している
ポロブランド【LA MARTINA】

数年前、イタリアで大ブレイクしてから日本でも知られるようになったためか
このブランドをイタリアブランドと紹介しているサイトもありますが、
【LA MARTINA】はアルゼンチンを代表するブランドです。

プロのポロ選手用の乗馬ブーツなどはもちろんのこと、
ポロをモチーフとした上着やシャツなどが人気です。
特にこのブランドのポロシャツはとってもオシャレで、
ヨーロッパの国々でも人気が高いのです。

男性用のポロシャツは、肩のあたりがカチッとしており
着るだけで体のラインがとてもキレイに見えます。
女性用のポロシャツは、カジュアルすぎずエレガント。
襟にレースが施されていたり、袖がふくらんでいたり、
ひとひねりあるのが特徴です。


cinturones-la-martina_convert_20091010003057.jpg


 かつて乗馬をやっていた私の夫も
 このブランドの大ファンですが、
 彼がいつもチェックを欠かさないのが、ベルトです。
 牧畜の国・アルゼンチンは、牛革製品でも有名。
 このブランドでも、様々な色・タイプの革製ベルトが販売されています。
 アルゼンチン国旗をさりげなくあしらったもの、
 大衆芸術であるフィレテアード調のものなどなど、
 そのデザインがとってもアルゼンチンらしいの!




polo-la-martina.jpg


このブランドの始まりは1936年。
昔からアルゼンチンでは、ポロや競馬観戦が上流階級の楽しみでした。
ポロの競技用品を作ることから始まったこのブランドは、
今ではヨーロッパをはじめ世界中の人々に愛されるようになりました。


ブエノスアイレス市内だけでも、かなりの数の支店がありますが、
特におすすめがドレーゴ広場(サンテルモ地区)に面した店舗です。
100年以上前に建てられた古い家屋を改築し、
骨董の町にふさわしい内装でお客さんを迎えてくれます。

La Martina

La Martina2

La Martina3


**********************************

 【LA MARTINA】 ポロシャツやポログッズを買うなら!


 URLhttp://www.lamartina.com/2007/home.php?lang=ES

  住所ブエノスアイレス市内の主要デパート内に店舗あり。詳しくはwebで。


**********************************


| 買う!ブエノスアイレス | TB(0) |
2010-03-08 (Mon)
日本への一時帰国の際に、
それまで1年ほど働いてもらっていたお手伝いさんに
辞めてもらったのです。

アルゼンチンに戻って早2ヶ月ー。
主婦として、毎日の家事をそれなりにこなしてきましたが、
語学の勉強やタンゴのレッスン、その他いろいろなこともあり
やっぱり猫の手も借りたいくらいに忙しくなってきました。




そこで、
またお手伝いさんを探すことに。
これまでは、ここアルゼンチンで「ポルテロ」と呼ぶ
マンションの警備員に紹介してもらっていたのですが、
人からの紹介だとあとあと面倒なことも少なくなく・・・。
今回は、信用できそうな人を自分で見つけることにしました。

昼間、近所の公園へ行ってベンチに座り、
通りを歩いている人に目を光らせます。
お手伝いさんをスカウトするためです。
この公園の周囲には、高層マンションがいくつもあって、
そこで働いているお手伝いさんたちが
買い物袋を下げて歩いていたり、犬の散歩をしたりしているのです。

通りを挟んだ向かい側には某国の大使館があるのですが、
ベンチに座って、通りを歩いている人を注意深く観察している私に
大使館前にいる警備員のおじさんは警戒心を抱いているのか
やたらとこちらを見ています。


  ーたしかに。不審者だわ、あたし。




何人ものお手伝いさんたちが、私の目の前を通り過ぎて行きましたが、
「この人だ!」と思えるような人はなかなか現れません。

座り続けて2時間。
蚊にさされまくっていたし、そろそろ限界だなぁ・・・
と思ったちょうどそのとき、犬を連れたお手伝いさんが歩いてきました。


永遠のアイドル、松田聖子ちゃんが
いつかの再婚で「ビビビときた」と言っていましたが、
私もビビビときてしまったのです。


そしてスカウトしたのが、
先週から家で働いてもらっているドーラ。
年は私より1つ下、でも9歳の息子のママです。
彼女の希望した時給と
私が提示した時給があまりにかけ離れていたのですが、
けっきょく彼女の方が折れてくれました。
骨董市の値切り交渉で鍛えられた交渉術は
こんなところでいかされるのです。


源内は初日から彼女になついていて、
彼女がやって来るとゴローンと転がって
お腹をなでてとお願いしていました。
(やはり番犬には向かない性格)


   源内の寝顔2
          今日のお昼寝も、もちろんこの体勢。

   源内の寝顔
   いつも思うんですけど、ビーグルのこのヒゲってお手入れ必要なんですか?






            ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ








| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-03-02 (Tue)
1月のボリビア旅行の写真を整理していたら。

ペーニャに行った夜の写真です。
若い姉ちゃんや兄ちゃんたちが、
腰をフリフリ楽しそうに踊っている写真。



     ボリビア

ちょっぴりおすまし顔のセニョリータ。
次の瞬間、


     ボリビア2


きゃ?!
真っ赤なパンツが丸見え。
いいんでしょうか。こんなに見えていて。
アルゼンチンでも、
ショータンゴを見ると
最後の「キメッ!」の場面で
見せ(魅せ)用のパンツが見えたりしますが、
クルクル回っている間中ずーっとパンツが見えているこの状況。
写真を撮っていいんだか悪いんだか、
よく分かんないんだけど一応撮りまくりました。


     ボリビア3


だから、こんな丸見えの写真ばっかり。
夫が一緒だったなら、さぞかし喜んでいたでしょう。

世界には色々な踊りがあるのでしょうが、
こんなにパンツが見え見えの踊りが
多数派なのか、少数派なのかは分かりません。

海外旅行って、やっぱりいいですね。
これまで知らなかった世界が
目の前にどんどん広がっていきます。


☆拍手コメント、いつもありがとうございます。
 勉強になります。これからもどうぞよろしく。





            ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




| 中南米旅行記 | TB(0) |
2010-03-02 (Tue)

お料理中に、
電話が鳴ったり人が訪ねてきたりってこと
よくありますよね。

つい先日も、
土鍋でご飯を炊いていたら
電話が鳴ったので困りました。

だって、タイミングよく火を止めなければ
ご飯が美味しく炊きあがらないんですもの。

そこで、我が家のビーグルに
火の番人をお願いすることにして、
私は電話に出たのですが・・・





        スピ?。スピ?。ZZZZZzzz・・・。
    火の番人

              やっぱり寝てるし



ビーグルを、あてにしてはいけません。



            ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ






| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2010-03-01 (Mon)




ここアルゼンチンで私が目撃&遭遇した、
あんなコトやこんなコトをレポートする


   「特派員は見た!」




前回は、「ストーカーより執念深い?! モトチョロによるひったくり」
をレポート、ひったくりの予防対策について考えてみましたが、
今回は、旅行者も市内で遭遇するかもしれない災害をレポします。




%93%C1%94h%88%F5%82%CD%8C%A9%82%BD%81I.jpg

  第2話 「集中豪雨で水に沈んだ、首都ブエノスアイレス」






先々週の月曜日、私はいつものように
アルゼンチン人の友達との語学交換(タダのおしゃべり)を終え、
夜9時頃に帰宅の途につきました。
地下鉄に乗り、自宅の最寄り駅で降りたのですが、
降りてみると駅の出入り口が閉鎖されていました。
大雨で、地下鉄がストップするのでしょう。
ブエノスアイレスでは、
雨で地下鉄が止まってしまうことがたびたびある
のです。




「セーフだった、ラッキ?☆」




そう思いましたが、
本当の恐怖はここから始まったのです。




まず、地下鉄の階段をのぼって外に出るのに一苦労。
まるで滝のように、雨水が階段を滑り落ちてくるのです。
この時点で、買ったばかりのマキシ丈花柄ワンピがびしょ濡れ。
けれど、こんなのはまだ序の口でした。


やっとこさ地上に出ると、
そこはまるで






    






雄大なラ・プラタ河・・・ほどではないけれど
へそのあたりまで水に浸かっている状態、
キャーキャー言いながら泳ぐ人までいる始末。






・・・私、今晩中に家に帰ることが出来るんだろうか。






絶望感に襲われます。
なんだか私も、この水に飛び込んで
クロールでもバタフライでもやりたくなってきました。
でも考えてみると、
ワンちゃんたちのう○ちの放置が
まだまだ当たり前のブエノスアイレス。
この水の中には、たくさんのう○ちが
溶け込んでいるに違いない
のです。




   きゃ?!
   この水ってとってもきちゃないッ!







水虫とかになっちゃうのかしら?
そう思うと泣きそうになってきました。
冠水状態のマクドナルドでは、
2階に避難した人たちが
「今日はここで夜を明かすわよ?♪」
と意気込んでいますが、
私は帰ります。ぜったいに帰りついてみせるわ・・・。







▲しかしこの状況の中、どうやって帰れと?



つづきは、
「地球の歩き方(サイト版)ブエノスアイレス特派員ブログ」にて♪



| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。