123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-30 (Wed)


私にとって初めての海外生活。
遠く南米大陸、アルゼンチン。

何が一番不安だったかって、
スペイン語が全く話せなかったことです。
普段買い物をするにも、
公共交通機関を利用するにも、
生活のあらゆるシーンで「言葉が通じない」という当初は
相当なストレスを感じていました。

あれから1年半。
語学オンチな私が
スペイン語で何とかコミュニケーションが取れるようになったのは、
私に粘り強く教えてくれる語学学校の先生と
ここアルゼンチンで知り合った友だちのおかげ・・・。

特に、スペイン人の友だちフランシスコと出会ってからは、
私たちの世界は一気に広がりました。
スペイン語圏では、
フランシスコという名前は「パコ」という愛称で呼ばれます。
そのパコが、彼の出身地であるパレンシア(バレンシア、ではないです)
についての講演会を行いました。

     P8020003.jpg

場所はスペインクラブ。
美しいサロンをいくつも備えるコロニアル様式の建物です。
彼の父親はパレンシアの知事であったと、
この日の講演で初めて知りました。

          P8020006_convert_20090930232744.jpg

若い頃にフラメンコ音楽に夢中になり
スペイン語学科に進んだスペイン好きの夫とパコはとても仲が良く、
彼や彼を通して知り合ったスペイン人の友だちと過ごすことが多い私たち。
私の下手っぴなスペイン語にも、一生懸命に耳を傾けてくれます。

     P8130307.jpg
        夫とスペイン人の仲間たち。ビバ!エスパーニャ!


スペイン語の上達に、
スペイン人の友だちはやっぱり欠かせない存在です。

スポンサーサイト
| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-28 (Mon)
いいんですか、本当に。
そんな格好で。


     P8130277.jpg
ーこうしていると、股関節あたりが気持ちいいんで。
 どうぞおかまいなく。





     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-28 (Mon)
     P8130287.jpg


タンゴ音楽に欠かせない楽器、バンドネオン。
「悪魔の楽器」と呼ばれるほどに習得が難しいそうなのですが、
ここブエノスアイレスには、バンドネオンを学ぶために
世界中から、音楽家やその卵たちがやってきます。

いつも散歩をする公園で見かけるアジア系のお兄さん。
バンドネオンの勉強を始めたばかりなのか、
まだぎこちなさそうな音色が聞こえてきます。
いつもこの公園で練習している彼に、
この日は思い切って声をかけてみました。
中国人かな、と勝手に思っていたのですが、
実は彼はマレーシア人。
バンドネオンを始めてまだ数年だそうです。

同じアジアの人間として、
遠い異国で頑張る彼を応援したくなりました。


| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-25 (Fri)
 P7290096.jpg P7290097.jpg

ブエノスアイレスから西へおよそ80キロ。
カトリック信者の多いアルゼンチン人が
聖地として崇める街ルハンへ行きました。

そびえ立つ2つの塔、これがルハン大聖堂。
お天気が良くお出かけ日和だったこの日、
大聖堂を眺めることのできる広場には
同じく犬連れでやってきた人たちがたくさんいました。


      P7290098.jpg
        女性と子どもには親切に接するのが信条のできた犬、源内。





     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ










| ブエノスアイレス近郊の旅 | TB(0) |
2009-09-24 (Thu)

日本を代表する輸出品は、自動車や精密機械ではなく
今や[MANGA]なのかもしれません。
ここアルゼンチンでも、日本のMANGAはとても人気があります。
先日、ある日系の学校が主催するバザーに招待していただいたので、
アルゼンチン人の友だちと一緒に出かけました。

   P8120257.jpg P8120272.jpg
     (左)マンガを学ぶ学生たちの作品展示   (右)コスプレはもう当たり前?



昨年同様、会場内には入りきれないほどの人・人・人!
この学校では、日系の子弟向けのクラスだけでなく
アルゼンチン人対象の日本語のクラスやMANGAのクラスがあります。

          P8120262.jpg

けん玉を体験するコーナーで、
夫と友だちのショナタンが、まるで子どものように遊んでいました・・・。
昔、私が子どもの頃はまだ、けん玉やビー玉で遊んだものですが、
今の子どもたちは昔懐かしのおもちゃで遊ぶことなどないのかしら。


          P8120268.jpg
餅つきに挑戦しました。
実は私、これが初めての餅つき体験。
息を合わせるのがなかなか難しかったです。
毎年餅をついているというアルゼンチン人の学生のほうが
私の何倍も上手でした。
| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-24 (Thu)
         P8020057.jpg

       ーこれから会社に行ってきます。




     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ





| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-17 (Thu)
結婚し、退職して主婦になってから数年。
独身の頃以上にファッションに興味がありますが、
ここブエノスアイレスのファッションは
さすが「南米のパリ」と呼ばれるだけあってハイレベル。
ポルテーニャたちは
流行を意識しながらも自分なりの着こなしを楽しんでいます。

だから、日本のオンナノコたちのように
誰かと似たようなヘアスタイル、似たようなファッションではなく
「友だちとは違う」「自分らしい」ことこそがお洒落の基本だと考えています。

さて。
そんなお洒落な街ブエノスアイレスで
私がいつもお世話になっているアクセサリ?屋さんや下着屋さんや
素敵なお洋服を売っているブティックのオーナーさんたちを招いて、
我が家で手巻き寿司パーティーをしました。
いつも私にスペイン語を教えてくれる友だちも招いてのパーティー。
にぎやかな時間を過ごしました。






     P8120252.jpg
         手巻き寿司の巻き方を、和服姿の夫が指南します。




        P8120255.jpg
  〈Alle's sesign〉のマリアさん。女優さんのような身のこなしですが、本職は弁護士(!)
         スペイン人の新聞記者フランシスコは、彼女にメロメロ(?)





     ***************************************

       今回パーティーに来てくれたオーナーさんたちのお店です。


                y1p29jVpzWVctDd7iVwhFKjpk-9UPaa92khqjCrBBBqi8pQjO9v1Y1OUIfwXJXNas8UPrcGgcr_qiM.jpeg Alle's design

       住所Azcuenaga 1183 電話4823-2251 
       URL
http://allesdesign.spaces.live.com/


          index_r1_c1_convert_20090917233745.jpg Joyas de autor


       住所Pasaje Russell 5027 電話4833-7165
       URL
http://www.isaackatz.com.ar/


                firma+mi_convert_20090917234634_convert_20090917234657.jpg mi mundointerior


       住所Santa Fe 2653 Loc11 電話5778-2508
       URL
http://www.mi-mundointerior.blogspot.com/



「地球の歩き方/ブエノスアイレス特派員ブログ」でも、お店の紹介をする予定です。


     ***************************************







| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-16 (Wed)
      P8130282
P8130282 posted by (C)bonita



朝夕はまだ肌寒いものの、昼間はぽかぽか陽気。
気持ちのいい季節になりました。
こんな陽気の日には、市内のあちこちにある公園で
日光浴を楽しむ人の姿が見られます。

アルゼンチンでは、小麦色の肌こそステイタス!

「夏なのに色白の肌なんて、休暇を取れなかった貧乏人よ」

と思われるらしく、
春先の今頃から 肌を焼くために日光浴へと繰り出すのです。
南国沖縄出身、もともと色黒の私は
どちらかというと白い肌に憧れるのですが。

私と源内がいつも散歩に行く公園にも、
芝生の上にゴロゴロと人が寝転がっていました。


ーあの、そのバショはいつも源内がオチッコをしているのですが、
 においは気になりませんか



そう訊ねてみたい気持ちをぐっとこらえます。


      P8130281
P8130281 posted by (C)bonita


私たちの住んでいる地区は、
地区の8割以上が公園か緑地です。
だから、新緑の眩しいこの季節は、
街路樹や芝生や植えられた花々が風に揺れ
どこを歩いていても、本当にきれい。

      P8130280
P8130280 posted by (C)bonita



ー前方に敵、発見

ワンコ天国のブエノスアイレス。
公園は犬と飼い主たちの憩いの場でもあります。
ビーグルを飼っている人は意外に多く、
散歩に出かけると必ずといっていいほど
ビーグルと、ビーグルにリードを引っ張られて困り顔の飼い主に出会います。
この日も、源内と同じ学校に通うビーグルさんに出会いました。
アルゼンチンで飼われているビーグルはサイズが大きく、
13インチの源内は、このあたりのビーグルで一番小さいのです。


        P8130279
P8130279 posted by (C)bonita



        P8130284
P8130284 posted by (C)bonita



田舎暮らしに憧れる私にとって、
首都ブエノスアイレスにも
このような公園や緑地があちらこちらにあるので
とても住みやすいです。
南米屈指の都市でありながら、
コンクリートだらけの街ではない。
街路樹や緑地が計画的に整備されているので、
人にも犬にも優しい街なのです。


      P8130286
P8130286 posted by (C)bonita


      P8130283
P8130283 posted by (C)bonita

         P8130285
P8130285 posted by (C)bonita


大きな公園には、柵で囲まれたドッグランもあり、
誰でも自由に愛犬を遊ばせることができます。
犬を育てるには最高の環境が整っているブエノスアイレス。
でも、愛犬の糞を片付けない飼い主や散歩屋がまだ多く、
芝の上や通りに放置されている糞がいっぱいあるのが残念です。





     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ






| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-14 (Mon)


このブログを再開してから、
何人かの方から嬉しいメッセージをいただきました。
ありがとうございます。
たいした記事は書けないのですが、
今後ともどうぞよろしくお願いします。

今日はいただいたメッセージの中から、
「ブエノスアイレスに留学したい」という方のご質問にお答えします。



1アルゼンチン/ブエノスアイレスは安全ですか
 他の南米諸国に比べると安全だと言われています。
 ただし、スリやひったくり、詐欺盗などの被害件数はとても多いです。
 簡易誘拐の被害も耳にすることがあります。
 比較的安全な国とはいえ、日本と比べるとやっぱり危ない国だと思います。

2ブエノスアイレス大学への入学方法と学費を教えて下さい
 日本の大学と違い、登録すれば誰でも学生になれると聞いたことがありますが、
 詳細は分かりません。
 学費については、国内の学生と外国の学生とで異なります。
 ご自身で調べていただくのが一番かと・・・

3ブエノスアイレス大学で法学を学んで弁護士になりたいのですが可能でしょうか
 これも私の方ではお答えしかねます。
 ただ、アルゼンチンには日本の「司法試験」のようなものがなく、
 法学部を卒業し、弁護士会に登録を申請すれば弁護士になれるそうです。
 そのためか、日本に比べると弁護士の数はかなり多いように感じます。
 たとえば、私や夫の友だちには弁護士、裁判官が何人もいます。
 家族の誰かが弁護士や裁判官だと言う人はその倍います。
 アルベルト松本氏の著書『アルゼンチンを知るための54章』によると、
 現在異常ともいえるほど弁護士がサービス業で溢れており、
 把握されているだけでも10万人の登録弁護士がいるとのこと。
 ブエノスアイレス市だけでも4万5000人が登録されており、
 この数字は日本の弁護士の約3倍だそうです。

 アルゼンチンで弁護士の資格を取得された後、
 アルゼンチンで弁護士としてお仕事をされたいのでしょうか?
 自分で弁護士事務所を開設するには政府の規制があるため、
 親の事務所の後を継ぐなど以外は独立が困難だそうです。
 それ以前に、海外で就労する時に必要なビザなどについて
 調べる必要があるかと思います。

 

4ひと月いくらあれば生活ができますか
 人それぞれ生活スタイルが異なりますから、
 これも一概にはお答えできません。
 ただ、このところアルゼンチンはインフレで物価が上がっており、
 外貨を持っているからといって必ずしも
 楽な生活ができるというワケではありません。
 安全で快適なアパートに住みたいのなら住居費も相当額必要です。
 ただ、このところ住居費は下がってきたようです。
 詳細にお答えできず申し訳ありませんが、
 留学を斡旋されている会社等に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
 

 
 なんだか、お答えになっていないような気もするのですが・・・
 ごめんなさい。
 素晴らしい留学経験となりますように!
| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-09-09 (Wed)

食いしん坊のビーグル同様、
私も食べることが何より好きです。

初めて訪れる街でも、
気になるのはやっぱりレストランやカフェ。
田舎町カルロス・キーンには、
静けさを求めてやってくるポルテーニョたち向けのレストランが
数件ありました。

どの店も、アサード(アルゼンチン風バーベキュー)
パリジャーダ(アルゼンチン風もつ焼き)が自慢のようです。

犬連れの人でも大丈夫!
ほとんどのレストランが、オープンテラスか中庭付きなのです。




      カルロス・キーン(レストランの中庭)
カルロス・キーン(レストランの中庭) posted by (C)bonita



私たちが入ったレストランにも、広い中庭がありました。
春の陽気に誘われて咲いた花々の間に動いているのはニワトリたち。


          カルロス・キーン(レストランの中庭2)
カルロス・キーン(レストランの中庭2) posted by (C)bonita



小さなミカンが実をつけている木の下で、
食事が運ばれてくるのを待つことにします。
コッコッコッコ・・・とブツブツ言いながら歩くニワトリに、
源内はおっかなびっくりです。



      カルロス・キーン(木漏れ日の中で食事)
カルロス・キーン(木漏れ日の中で食事) posted by (C)bonita



私たちがオーダーしたのは、
ここアルゼンチンで「ピカダ」と呼ばれるおつまみセット。
生ハムや薫製ハムや、チーズやオリーブなど
ビールにピッタリのおつまみがたっぷりです。
もちろん、エンパナーダもはずせません。


          カルロス・キーン(おつまみセット)
カルロス・キーン(おつまみセット) posted by (C)bonita


前菜のサラダ、ピカダとエンパナーダ、
それに食べ放題のパリジャーダも全部込みのランチセット!
これでひとり60ペソ(約1500円)はお得です。

私たちが食べている間、
源内はダラダラとヨダレをたらして待っていました。


posted by (C)bonita






     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ





| ブエノスアイレス近郊の旅 | TB(0) |
2009-09-09 (Wed)

ブエノスアイレス近郊の街、カルロス・キーンで、
時が止まってしまったかと思えるような風景に出会いました。


      カルロス・キーン(線路)
カルロス・キーン(線路) posted by (C)bonita


 今はもう使われなくなってしまった線路。
 この先に、ブエノスアイレスがあります。
アルゼンチンには、ブエノスアイレスから地方に伸びる
いくつかの路線がありましたが老朽化し、
経済上の理由で再開のメドが立たなかったため
その多くの路線が廃線となってしまいました。
 かつては、多くの旅客を運んだ線路。



      カルロス・キーン(ガウチョのおじいちゃん)
カルロス・キーン(ガウチョのおじいちゃん) posted by (C)bonita

 田舎の街や村に行くと、ガウチョの格好をした人に出会います。
 これは別にコスプレをしているのではなく、彼らの普段着なんです。
「南米のパリ」と呼ばれ、お洒落なポルテーニョたちが闊歩するブエノスアイレスと違い、
地方の人たちの中には、アルゼンチンの歴史ある生活スタイルを今も守る人たちがいます。




      カルロス・キーン(春の訪れ)
カルロス・キーン(春の訪れ) posted by (C)bonita
      カルロス・キーン(芽吹く季節)
カルロス・キーン(芽吹く季節) posted by (C)bonita

 短いブエノスアイレスの冬が終わりを告げようとしていました。
東京の年間気温をほぼ逆にしただけとはいえ、
南国育ちの私には、やっぱり冬は辛い季節なのです。
 こうして、草花が鮮やかな色を見せるようになる春はなんだかほっとします。



      カルロス・キーン(街角で)
カルロス・キーン(街角で) posted by (C)bonita

      カルロス・キーン(古い町並み3)
カルロス・キーン(古い町並み3) posted by (C)bonita

 コロニアル様式の建物の多いブエノスアイレスとの大きな違いは、
このような四角い建物がつながっているというところでしょうか。
その多くが100年近く前に建てられた古いもので、
改築を繰り返しながら使われ、今も家族の生活を見守っています。


      カルロス・キーン(ポーズ)
カルロス・キーン(ポーズ) posted by (C)bonita

 源内も、大喜びの旅です。






     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




| ブエノスアイレス近郊の旅 | TB(0) |
2009-09-02 (Wed)
 

古い建物が今も数多く残る小さな田舎町、カルロス・キーン。
レンガ作りの四角い家たちが建ち並ぶ通りを散歩しました。

夫が源内のリードを持つとき
後ろから付いてくる源内におかまいなしに歩くので、
「市中引き回しの刑」に処せられている罪人みたいでかわいそう。


    P7290045.jpg
            ぐいぐいと引き回されています。



まるで初夏のような陽気だったこの日。
芽吹いた草や木、
咲き誇る春の花たちが風に吹かれていました。
でも どんなに美しい草花を目にしたって、
ビーグルにとってそれは興味の対象ではない?


          P7290042.jpg
       ひたすらクンクンしているので、花なんか目に入りません。
          「どこかに食べ物落ちていないかなあ・・・」




教会の中庭にお邪魔しました。
たとえここが聖なる場所であっても、
ビーグルにとってそんなことはどうだっていいのです。

          P7290040.jpg
         「ちょっと待って、マーキングしなくちゃ」


お腹が空いたので、レストランに入ることにしました。
中庭付きのレストランなら、犬も一緒に入ることができます。

          P7290083.jpg
          「食事の前に肉球を洗わなくちゃ。
          新型インフルエンザが流行しているんでしょ?
                   水、出して」



アルゼンチンといえばお肉!
というわけで、この日の昼食も
メインはアサード(アルゼンチン風バーベキュー)です。
エンパナーダ(肉のパイ包み)や生ハムとチーズの盛り合わせもいただきました。
でも私たちが食事をしている間、源内は・・・

P7290068.jpgP7290079.jpg
     「もしかしてそれ・・・」          「・・・くれないつもり?」



食後、ふたたび町をテクテク歩いて散歩します。
「南米のパリ」と称されるブエノスアイレスは
コロニアル様式の建築物が多くヨーロピアンだけど、
ちょっと郊外に行くと雰囲気がガラリと変わります。

     P7290086.jpg
         郊外には、こういう四角でシンプルな家が多いです。

        P7290090_2.jpg
            オトコ二人で記念撮影。





        旅行に出かけます。更新しばらくお休みします。


           ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。