12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-31 (Mon)
旅は犬連れ。

そんな飼い主が、ここアルゼンチンでも増えてきました。
広大な国土を、何百キロも車で旅をするのが
アルゼンチン人の一般的な旅行のスタイルです。
助手席に、ちょこんとワンコが座っている車をよく見かけます。
犬も家族の一員ですものね。



        P7290021.jpg


ポカポカ陽気、というよりむしろ暑いくらいの気温だった土曜日。
我が家も車でちょっぴり遠出をしました。もちろん、源内も一緒。
向かった先は、小さな田舎町Carlos Keen/カルロス・キーン。
ブエノスアイレスから高速を走って1時間半強の道のり。
車酔いしてしまう源内には、この距離でもけっこう過酷です。
(だらだらと、ヨダレを大量にたらしていました)

        P7290017.jpg
    配線となってしまった鉄道の駅。今は地域のために色々な用途で使われています。


特別なみどころがある町ではないのですが
配線となってしまった鉄道の駅と線路が残り、
ぽつんぽつんとレンガ造りの家が建つ小さな町です。
昔懐かしいアルゼンチンの雰囲気が漂うのが魅力。
観光地化されているサン・アントニオ・デ・アレコと違い、
この町の存在はあまり多くの人には知られていません。
だから、通りを歩いている人の数もまばら。とっても静かな場所です。


        P7290018.jpg
        P7290020.jpg
                  駅の構内をクンクン・・・


町を散策してみることにしました。
駅の裏手に回ると、緑の芝が美しい原っぱが広がっています。


P7290024.jpg P7290025.jpg 



首都・ブエノスアイレスも
公園や緑地が多く犬の散歩にはもってこいの場所なのですが、
ちょっと田舎に行くとそれ以上に自然に触れ合うことのできる場所が多く
犬を連れてあちらこちらを旅したくなります。

      P7290022.jpg



都会が好きな人にとっては、退屈で仕方のない町でしょう。
でも、都会の喧噪を忘れ、ゆったりとした気分で過ごしたいなら
ここカルロス・キーンはおすすめです。
聞こえてくる音といえば、
風の音、ときおり砂利道を走っていくおんぼろ車の音、
大人しそうな住人たちの、ちょっぴり控えめな話し声。

       
P7290027.jpg P7290038.jpg



おだやかな時間がゆっくりと過ぎていきます。






     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



スポンサーサイト
| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-08-27 (Thu)

ブエノスアイレスの短い冬は過ぎ去り、
ポカポカと暖かい陽気。
春の優しい日差しの中、
パレルモ公園へ散歩へ行きました。

      P7220072.jpg



アルゼンチンにやって来たときすでに、

「犬を飼う!たぶんビーグル!」

と決めていたので、
パレルモ公園の近くに住むつもりでいました。

我が家から歩いて数ブロックの場所にあるこの公園は、
世界三大公園のひとつに数えられています。
この公園を源内と散歩したり、
ジョギングコースの外周をインラインスケートで走ったり、
公園内にある美術館のカフェテリアで友だちとオシャベリしたり。
かなりの時間を、このパレルモ公園で過ごしているかもしれません。
ここは、私の一番大好きな場所です。



      P7220077.jpg

      P7220078.jpg

公園のすぐ側を、列車が走っています。
日本の電車を見慣れている人は、
ここアルゼンチンで走っている列車を見て
「遅ッ!」と驚くに違いありません。
のんびり、のんびり走っていきます。
首都とは思えない、のどかな風景です。


     P7220076.jpg

まるで森の中にいるみたいに大木が育っているので、
源内と夫が小さく見えます。
草花が芽吹くこの季節、新緑が眩しいです。

ブエノスアイレスに、春がやってきました。






     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ




| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-08-27 (Thu)


旅する人の情報サイト「地球の歩き方」で、
ブエノスアイレス関連の記事を書かせていただくことになりました。
8月27日付けで、ブエノスアイレス特派員ブログがオープンしています。

ブエノスアイレスの旅行情報、ショップ情報、カフェ・レストラン情報、
そしてイベント情報などをお伝えしていく予定です。
こちらもどうぞご覧下さいませ。

〈地球の歩き方/ブエノスアイレス特派員ブログ〉

 http://blog.arukikata.co.jp/tokuhain/buenos_aires/
| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-08-25 (Tue)
          P7220095_3.jpg


フラメンコのショーに招待してもらったので、
夫、スペイン人の友だちと一緒に テアトロ(劇場)へ出かけました。

ブエノスアイレスには、大きなものから小さなものまで
市内のあちらこちらにテアトロがあって、毎日のように
タンゴやフラメンコ、オペラなどを鑑賞することができます。
それらのほとんどが、スペイン風のコロニアル建築。
100年以上も前に建てられた古い建物ばかりです。

          P7220097.jpg

多くのテアトロで見ることのできるドーム型の天井には、
宗教画が描かれていることが多いです。
大きく立派なシャンデリアが誇らしげに輝いていてキレイ!
私たちは2階席に案内されましたが、
世界三大劇場のひとつ、コロン劇場などの大きなテアトロなら
4階席、5階席があることも。 
コロン劇場は現在改築中です



      P7220110.jpg

ショーが始まりました。
アルゼンチンでフラメンコ?とお思いになる人もいるかもしれませんが、
ここアルゼンチンにはスペイン系の移民が多く、
ブエノスアイレス市内だけでもかなりの数のスペイン料理レストランがあります。
フラメンコ教室もたくさんあって、教える先生たちのレベルもかなり高いのだとか。
アルゼンチン生まれの彼らの中に、脈々とスペイン文化が受け継がれているのです。
正確にいえば、フラメンコはスペイン系の白人たちの間で生まれたものではないそうですが・・・











| 私とブエノスアイレス | TB(0) |
2009-08-10 (Mon)
我が家の愛犬、源内は寒さに弱いので、

冬の間こうしてひなたぼっこしてばかり。

     P7020001.jpg

     P7020002.jpg



ゴロゴロ寝てばかりいるのは体に悪い!

嫌がる源内を連れて散歩に出かけたある冬の日。



     P7020088.jpg

友だちに会ったのにテンションが低いのは、

やっぱりこの気温のせいかしら。



我が家の近くにある公園は、騎馬警察の休憩場所でもあるのです。

源内に馬を見せてやるために、おまわりさんのところへ。

ヨーロッパの国々同様、騎馬警察が市民の生活を守るアルゼンチン。

こうして街中で馬さんと触れ合えるなんて素敵。動物園じゃないって?)

でもね・・・公園の芝生の上にこんもりと盛り上げられた

馬さんたちのう○ぴーにはちょっと困っちゃいます。

     P7020092.jpg



     ランキングに参加しています。
     ラテンとビーグルが大好きなあなたに、応援していただけると嬉しいです♪


               にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

| 犬とブエノスアイレス | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。