-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-02-27 (Fri)


源内、

1才の誕生日おめでとう。




ワンコの1才といえば、

子犬を卒業して成犬と呼ばれるようになるのよ。

だから今日から、おやつやドッグフードを

パピー用からアダルト用に変えたの。




ほら、たとえばこのおやつ・・・


    手前がアダルト用、その奥がパピー用




ーアダルト用に変えたのね。でもどっちにしても・・・

P1260016.jpg


ーこのおやつ、好きじゃないんだよね・・・はぁ。

P1260015.jpg



だって、これがカラダにいいですって

獣医さんが勧めてくれたじゃないの。

それからね、ドッグフードはこれに変えたの。





このROYAL CANINはね、

アルゼンチンの国産ブランドなんですって。

あんた、アルゼンチン生まれなんだから

一度はアルゼンチン製品を食べてみなさいよ。






もちろん、ちゃんと用意してるわよ?。

でも、明日のパーティーまでおあずけね。




スポンサーサイト
| 育犬日記 | COM(4) | TB(0) |
2009-02-24 (Tue)
「Parque Tres de Febrero」というのが
この公園の正式な名称。
けれど、パレルモ地区にあることから
単にパレルモ公園と呼ばれています。


ブエノスアイレス市の全ての地区の中で、
最も広大なパレルモ地区。
地区の8割以上が公園などの緑地です。


今日はこの地区に住む私がほぼ毎日通っている、
大好きなパレルモ公園をご紹介します。




ホントかウソか、
世界三大公園のひとつに数えられているこの公園。
なんと、主に国内線の飛行機が発着しているアエロパルケ空港が
その敷地内に存在するほど広大!
一体どれだけ広いのか、
公園の隅々まで散策してみようと
思い立ったこともあるのだけど、
いまだ実行出来ていないダメな私・・・。




私の1日は、このパレルモ公園での
ジョギングやインラインスケートから始まります。
また、我が家の愛犬も大好きな場所なので
1週間に何度も通っています。




P1200016.jpg



▲ジョギングコース。平日も休日も、ランナーやスケーターたちの姿が。
  朝?夕方頃にかけては危ないイメージはありません。
 けれど、早朝や夜間は強盗事件やレイプ事件なども発生しており危険です。





とにかく広大なパレルモ公園で、
特にオススメの場所がバラ園です。




P1200017.jpg



▲バラ園のあるエリアには白い橋を渡って。






バラ園のあるこのエリアは、
公園の中でも特別に管理されている場所。
ワンコ天国アルゼンチンでは珍しく、
ワンコの立ち入り厳禁のエリアです。





P1200018.jpg



▲そこはまるで、アヒルさんたちの楽園・・・。

P1200022.jpg



▲いよいよバラ園へと足を踏み入れます。


P1200021.jpg



▲園内はかなり手入れが行き届いています。
 何種類のバラがあるんだろう?どれもキレイ。



P1200028.jpg
   


▲バラを観賞している間、管理員が「ジーッ」と監視していていてちょっと気まずい雰囲気・・・。
 バラを折って持っていってしまう人がいるからなんだとか。


 


管理員の鋭い視線を背中に受けながら、
バラを注意深く観察してみたりします。
なんて高貴なお姿。
こういう品格ある女性になりたいもんだわ・・・。




P1200031.jpg



▲なんて鮮やかな色!赤い口紅の似合う女性のようなお姿。




P1200025.jpg



▲個人的にはこっちの方が好き。みつばちさんもきっとそうなんでしょう。



P1200027.jpg



▲もちろん、バラ以外のお花も楽しめます。






バラ園のエリアには、
こういうベンチスペースがいくつもあって・・・



P1200032.jpg



▲昼下がりに読書している人や、延々とキスを交わすカップルを目にします。



P1200033.jpg



▲「よっぱらいの木」が咲かせるピンク色の花。その花びらの小道を抜けて行くと・・・


P1200035.jpg



▲池にかかる小さな橋を発見。


P1200036.jpg



▲池の藻などを回収する作業員。公園の管理はヨーロッパ並み。




公園内には小さな美術館が、
そしてその美術館の中にはお洒落なカフェテリアがあるので
そこもオススメ。

SANY0021_convert_20090225040721.jpg




▲クレープ(デザートとしてではなく、食事としての)が美味しい♪



SANY0046_convert_20090225040750.jpg



▲馬車に乗って、園内そしてパレルモ地区を観光するのも楽しい。










| 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2009-02-21 (Sat)

ーこのお鼻、誰のお鼻

P1130014.jpg


ー今日も気持ち良さそうにお昼寝している、

P1130013.jpg




ー源内のお鼻です。

P1130012.jpg




生後3カ月の頃に我が家にやってきた源内、

もうすぐ1才の誕生日を迎える。





源内はこれまで、数々の困難を乗り越えてきた。

思い起こせば・・・





ポトスの葉を食べて死にかけたり、ポトスの葉には毒性のものが含まれている)


停留睾丸であることが明らかになったり。
       
          (睾丸が陰嚢(いんのう)内におさまらず、腹部などにとどまる状態)







ー子犬の頃は、毎週のように病院へ行ったね。

SANY0024_convert_20090221030737.jpg
        の先生嫌い?ブルブル・・・






ーチェリーアイの手術(左目)、辛かったね。

SANY0013_convert_20090221030659.jpg
     病院から帰った直後。おめめがしばしばするぅ?!





ーそういえば、抜けないで残ってたアノ乳歯。

KICX0847_convert_20090221030830.jpg
  虫歯のモトになるから、1才までに抜けなかったら抜歯することになっていた。





ー1才の誕生日を前に、全身麻酔で抜歯の手術。


   






ふだんは元気いっぱいなんだけど、

獣医さんにお世話になることも多かった。

そのおかげで、

獣医さんと私たちは家族ぐるみでお付き合いするように。

ご近所に友達が増えたのは、

源内のおかげかな。






来週の誕生日が、

楽しみだね。







| 育犬日記 | COM(3) | TB(0) |
2009-02-19 (Thu)






     ーコレにね、夢中なんですよ。

     P1140019.jpg




     ーこうして噛んでるとね、

     P1140020.jpg



     ーそれはもう幸せな気持ちになってくるんだよね。

     P1140021.jpg




     ーがうぅぅぅぅ?

     P1140029.jpg




     ーえ?いったい何を噛んでいるのかって?

     P1140022.jpg




     ーコレですよ、コレ!

     P1140039.jpg




     牛さんのひづめさえあれば、

     他には何も要りません。






牛さんの国、アルゼンチン。
どれだけ牛がいるの?
と訊かれたら、私はこう答えることにしています。


アルゼンチン国内で排出されるメタンガスの約3割

それが牛さんのあい気(げっぷ)です。





また、アルゼンチンの牛の頭数は
人口の約3倍とも言われています。

だからペット用のひづめも、いくらでもあるのです。

1個あたりの値段は1ペソ(約30円)もしません。

その牛さんに、
毎日のようにお世話になっていると言っても過言ではない源内。
さすがアルゼンチン生まれのビーグル犬。
牛とは切っても切れない仲なのね。



| 犬とブエノスアイレス | COM(5) | TB(0) |
2009-02-18 (Wed)

世界遺産に登録されているだけあって、
ウィレムスタッドの街並は美しい!

古い建物も多いけれど、
出来る限りの修復を試みて街づくりが行われています。



P1030104.jpg
    でも、ペンキがはげてしまった建物もちらほら・・・





今や世界の観光地となったキュラソーには、
バックパッカー宿から超高級ホテルまで
さまざまなランク・タイプのホテルがあります。

中には、ホテルの常識を覆すような
こんなホテルも。

P1050168.jpg

P1050166.jpg
あるホテルの敷地内で。ひとつの町を買い取り、ホテルとしてオープン。広大な敷地には、
数百年前の住宅をリフォームした客室、当時の面影を残すバルなどもある。







島の近海でとれる海産物が美味しい!
勇気があるなら試してもらいたいのが、
名物のイグアナ料理
アジアの国々で、
クモ・コウモリ・ワニを食べたことのある私も
あれは若気のいたりだったのだと自覚。
イグアナ料理・・・食べる勇気が持てませんでした。



P1050160.jpg
      市場に並ぶ野菜。中央は食用サボテンです。






お土産屋さんが軒を連ねる市場が
島には3カ所あります。
貝で作った手作りピアスなどがあり、
デザインはシンプルかつ素朴ながら
めずらしい貝なので友人のために購入。
アフリカっぽい雑貨・絵も人気です。

でも、島で作られている製品はほんのわずか。
ほとんどが中国などからの輸入品です。
観光業でなりたっているため、
第2次産業の製造業などが未発達なんだとか。



P1030080.jpg
    どの店も、夕方になると閉まってしまう。
P1050187.jpg
     カラフルなイグアナさんたち。大きな物は20ドルくらい。





島のあちらこちらに残る砦は、
最初にこの島にやってきたスペイン人が作ったもの。
多くの原住民を殺害したり、
奴隷として本国に連れ去ったりしたそうです。
このあたり、ペルーなどラテンアメリカの国の歴史とほぼ同じです。


P1070236.jpg

P1070234.jpg



その後、オランダなどの国々から
商人たちが島にやってきました。

目的は奴隷貿易

オランダ・東インド会社による奴隷貿易の
中継地点として栄えたという歴史を持つキュラソー。
そのため、
今でも島の人の肌の色や髪の毛の色を見れば
オランダなどヨーロッパ諸国系の人々の他、
アフリカにルーツを持つ人々がいます。

P1050172.jpg
  奴隷を拘束するために使われていた道具などが展示されている博物館。





キュラソーを旅するなら、
カーニバルの時期を狙っていくのがオススメ。(2月初旬?)

pht_join_carnival.jpg
   リオのカーニバルに負けない派手な美女たち!

1.gif


5.gif

ユニークなカーニバル用の衣装は、街の用品店で販売されている。(買う?)





私たちが滞在したときもちょうど、
カーニバルのシーズンで
サンバフェスティバルが毎晩のように催されていました。

アルゼンチンへと帰る日に見物したのは、
馬のパレード。


P1080270.jpg

P1080280.jpg

P1080278.jpg
   その衣装は、遥か遠いアフリカの大地を思わせるものばかり。




カリブ海の島、キュラソーと
世界遺産の街、ウィレムスタッド。
今は明るく陽気な毎日を送っている島の人々の姿、
けれど過去に悲しい歴史を持つ人々。

なんだか、
私の生まれ故郷・沖縄に似ているなぁ・・・

と、太平洋戦争で多くの島人が死んだ沖縄を思いました。


P1020056.jpg
       美しい夕暮れ、
P1020066.jpg
      ライトアップされたウィレムスタッド。




日本からはちょっと遠い場所だけど(それでもアルゼンチンより近い!)

心がささくれだっている人、
ひとりぼっちで寂しい人、
そんなんじゃないけど
ただただ海が好きだという人には
ぜったいオススメの場所です。



| 中南米旅行記 | COM(3) | TB(0) |
2009-02-17 (Tue)


げ?んない。
せっかく真っ赤なハーネスを買ったのに、


「申し訳ないけど、源内くんは首輪にして下さい」


と、先生に言われちゃったわよ。
どうしてだと思う?


「首が自由になったから、

 散歩中にますます勝手な行動をするようになって困っています」






ですって。
そうなの?ハーネスってそうなの?
っていうか、
首が自由になるって
すごくいいことのように思うんだけど。


でもね、
家庭の教育方針と
学校の教育方針に違いがある場合、
私はいつも学校の方針に従うように決めているの。

だってそうじゃない?

家には家のやり方がありますから!

なんて言っちゃうのって
まるでモンスターペアレンツみたいじゃない?


先生に言われた通り、
また首輪にすべく買いにいったけれど
さすがアルゼンチンねえ。
牛ならいくらでもいるから、
その革もいくらでもあるのねえ。

けっきょく小型?中型犬用は
本革の首輪しかなかったわよ。

この首輪、

今度は食べるんじゃないわよ

     P1130004.jpg

          リードを噛むな。噛むなってば!


| 犬とブエノスアイレス | COM(3) | TB(0) |
2009-02-16 (Mon)



キュラソーをはじめ、
カリブ海の人々によく食されているもの。
それが、Arroz Moro(直訳すると、「黒い米」でも、黒米を使用しているワケではない)

パン食のアルゼンチンから来た私たちにとって、
プレートに必ず付いてくるこのご飯がとても嬉しかったです。

P1020035.jpg
     エビと白身魚のプレートにも、
P1050186.jpg
     牛肉のシチューのプレートにも絶対に付いてくる。


キュラソーに住む人々は、
もともとアフリカから強制的に連れてこられた奴隷の子孫。
だから、とうもろこしが主食かと思っていました。
でも、このArroz Moroもよく食べているそうです。

P1030068.jpg
【PlazaView】定食屋が軒を連ねる。沖縄でいうと「那覇市公設市場」?
ここでもほとんどのお店でとうもろこしの粉を練って蒸したものか、このArroz Moroを出してくれる。

 
P1050184.jpg
おばちゃんに作り方を伝授してもらいました!(自分で作れるかどうかは別の問題)
彼女はなんと、スペイン語・フランス語・英語も操るバイリンガル。島にはそういう人がいくらでもいます。





お肉の国、アルゼンチンでは夢のまた夢の
伊勢エビもこの島の特産。

観光客向けのレストランではなく、
地元客でにぎわう浜辺の店を紹介してもらいました。

P1060212.jpg

P1060210.jpg

P1060207.jpg
    まだピチピチに生きているエビさんたちの中から、
     自分の胃袋におさまるエビを選びます。1キロ36ドル。







伊勢エビもいいけれど、
私が世界で一番好きなのはやっぱり中華料理。
キュラソーには、香港出身者が多く移住しているので
島のあちらこちらで漢字の看板を見ることができます。

その中の【宝餐竜九】は特にオススメ!

P1080260.jpg

P1080253.jpg
ここでもエビを食す。なぜなら、ブエノスアイレスでは(私たちにとって)高級食材のひとつだから




キュラソーのレストラン情報は、
日本のほとんどの旅サイトで紹介されていません。(日本人の観光客が少ないから?)
だから、キュラソーを旅するときは
ホテルのスタッフや案内所の人に
オススメのレストランを尋ねてみるのが一番です。




| 中南米旅行記 | COM(0) | TB(0) |
2009-02-16 (Mon)


散歩を始めたばかりの頃、

ハーネスを使っていた源内。

すると、

足の付け根や胸のあたりに湿疹ができてしまった。

獣医さんに

「ハーネスの摩擦でアレルギーが出ているのでは」

と言われ、ハーネスから首輪に。

それからずっと首輪派だったのだけど、

本革のものを使っていたのが災いしたのか

その首輪を食べてしまった。






新たに購入したのは、真っ赤なハーネス。

またアレルギーが出るのではと心配だけど、

ハーネスの方がなんとなく

カラダごとがっちりコントロールできるのではと期待。

(散歩中、かなり落ち着きがないから)

ペットショップから帰ってきて、

さっそく装着してみる。

P1130010.jpg
        前から見るとこんなカンジ。

P1130008.jpg
         横から見るとこんな具合。

注)源内がやる気なさそ?なのは、散歩から帰ってきたばかりだからです。
 




皆さんの愛犬は、

首輪派?ハーネス派?



| 育犬日記 | COM(4) | TB(0) |
2009-02-15 (Sun)



ワンコ天国、アルゼンチン。
道に放置されたホカホカのう◯ぴーの多さでも
ブエノスアイレスのワンコ密度が想像できますが、
それと同じくらいよく目にするのが
散歩屋さんたちの姿です。



我が家に源内を迎えたばかりの頃、
主婦だし時間あるし、何よりずっと一緒にいたいから、
源内の散歩を散歩屋さんに頼むつもりはありませんでした。

でも、集団での行動を好むビーグルの性質なのか、
私と公園に散歩に行くたびに、
散歩屋さんの連れているワンコたちのグループに
アレコレとちょっかいを出す源内。

その姿を見て、

みんなと、遊びたいのかなあ・・・。

そう思ったのが、
今の散歩屋さんやビーグルの学校と出会うきっかけだったのです。



老若男女問わず(イヤ、さすがに年寄りの散歩屋さんは見かけない)
様々な年代の散歩屋さんがいます。
ワンコとの相性、飼い主との相性、
犬に対する対応の仕方・・・
散歩屋さんを選ぶポイントは色々あるけれど、
私が重視したのは

いたずら好きなビーグルをコントロールできること

散歩中にワンコが逃げてしまい行方が分からなくなった、
という話はよく耳にするし
かといって、せっかく散歩屋さんにお願いしてワンコの学校に通わせるのに
木の陰につなぎっぱなし・・・というのも可哀想。

源内が他のワンコたちと思い切り遊べる環境を提供してくれ、
登下校の安全をしっかり守ることの出来る散歩屋さん。
そんな散歩屋さんをさがして2カ月あまり経った時、

マリアが私を訪ねて来てくれたのでした。

他の散歩屋さんから、
ビーグルを連れたChina(中国人)が
散歩屋さんをさがしていると聞いたのだとか。

・・・私、日本人なんですけど?






私はビーグル専門の散歩屋だから、

ビーグルのことは誰よりも知っているわよ。



        SANY0009_convert_20090214005818.jpg
            マリアと彼女の生徒のビーグルさんたち。
     SANY0008_convert_20090214005846.jpg
          ビーグルがこれだけ集まると・・・大変そう・・・



彼女の自信満々な言葉に、
目に入れても痛くないほど可愛い(←飼い主バカ)
我が家のビーグルを託すことを決意した私。




源内、学校に通っていっぱい友達つくってね。

先生の言うことをちゃんと聞いて、

いいコになるんだよ?




そんな私の思いを知ってか知らずか、
相変わらず家の中ではやりたい放題
でも学校ではなかなか可愛がってもらっているらしい源内。

        P1130002.jpg
            家が近所のビーグルさん達と集団下校。
           下校担当の先生はちょっとトムクルーズ似?!







| 犬とブエノスアイレス | COM(0) | TB(0) |
2009-02-14 (Sat)



2月4日、(日本は)立春。
この日は私の誕生日。
年を取るのは嫌だけど、
いくつになっても誕生日はワクワクします。

P1040145.jpg
    この日の写真。機嫌良さそうでショ?







世界遺産のウィレムスタッドの街並と、
美しいマリンブルーの海を見ながら食事が楽しめる。
そんなレストランを夫が予約してくれました。

結婚してもうすぐ4年。
お互い言いたいことはガマンしないからケンカも多いけれど、
とっておきの日にはとっておきのプランを用意してくれる夫。





ありがたいな?、大切にしなくちゃな?






と、(こんな時だけ)しみじみ思います。
どうでもいいけど、私と夫の年の差は19才。
来月、夫は50歳の誕生日を迎えるのです。(ワオ!半世紀!)




P1040147.jpg
  こちら、レストラン。海産物が美味しくいただける店です。




キュラソーでブルーキュラソーを飲む

という、私のささやかな夢もこのレストランで実現。

P1040148.jpg
    日本で飲むのと変わんない味だわ?(←当たり前)




アルゼンチンにて、お肉ばかり食べ続けて10カ月。
この旅行中は海産物をたらふく食べることを決意していたので・・・


P1040151.jpg
 前菜はTATAKIをオーダー。和食のタタキは、世界でも食されているんですね?


メインディッシュの白身魚があまりにも美味しかったので、
写真を撮るのを忘れてしまいました。

まったりと時間をかけた食事が一段落し、
さあてそろそろデザートが食べたいなあと思った頃・・・




店内に聞こえてくる


ハッピバースディ、トゥーユー




の歌声。

ふうん、私の他にも誕生日の人がいるんだあ。
そう思っていたら、
レストランのスタッフたちがデザート皿を持って
こちらにやってくるではありませんかッ!

店内の照明が落ち、皿の上で花火がパチパチしている。
そう、私のために歌ってくれていたのです。
居合わせたお客さん達にも祝福してもらって、
感謝・感激の誕生日

P1040155.jpg

P1040157.jpg
   私たちのテーブルを担当してくれた彼女のサービスも最高

P1130022.jpg
夫からのプレゼントは、途中立ち寄ったコロンビアで買った金のネックレス&ピアス。



こうして無事(?)、誕生日を迎えた私。
ハタチを過ぎたあたりから、
毎日があっという間に過ぎていくな?。
老化に逆らうことは出来ないけれど、
せめて素敵に年老いていきたいものです。


| 中南米旅行記 | COM(0) | TB(0) |
2009-02-14 (Sat)


人は、
大自然の雄大さや神秘に触れた時

どうして仁王立ちになるのだろう?
P1020040.jpg
    牛乳を飲む時にも仁王立ちになるよね?なんで?





キュラソーでは
様々な自然の形を見ることができます。

ここボカ・タブラ
島の観光地として絶対にはずせない場所です。

北側の切り立った崖に
ザパーン!ザパーン!
と波が打ち付ける様子を見ていると、
飛び込みたい衝動に駆られ・・・る人はちょっと危ないので
近寄らない方がいいです。



P1020051.jpg



また、島では
とってもカワイイ動物に会うことも出来ます。

まずはアシカ
P1040114.jpg
    日本人のユキコさんが調教士




大きなカラダをクネクネさせながら、
一生懸命に芸をする姿は
芋洗坂係長に似ていなくもない・・・。

地味シンプルなアシカショーの後は・・・

P1040118.jpg

きゃわいぃ?イルカちゃん
P1040119.jpg


「イルカの大学」というたいそうな名の施設で
イルカのショーや調教の様子を観たり
イルカと一緒に泳ぐこともできます。


P1040120.jpg
 どうしてイルカってそんなに賢いの?(どっかのビーグルと大違い・・・)



また、
街の中心部からさほど離れていないフラミンゴエリアでは、
野生のフラミンゴに出会えます。


P1060202.jpg





色々な動物と触れ合って、
ふと気になるのが源内のこと。
ペットホテルでいい子にしてるかな。
寂しくて泣いていないかな。


P1120001.jpg
     ・・・・・あの?、

P1120002.jpg
     ・・・・首、疲れません?





| 中南米旅行記 | COM(2) | TB(0) |
2009-02-13 (Fri)




げ?んない、ドコ?
そろそろ寝る時間だよ。

ん?このオケツはまさしく・・・
        P1120006.jpg
           なんてだらしない格好・・・



何してるの?
もう寝る時間だよ。



     ーなに、何の用

     P1120007.jpg
      今いいとこなんだから、ジャマしないでくれる?(←と言いたげ)





なによ、その態度。
オトコ同士でヘンなもの見てるんじゃないでしょうねぇ?


     P1120011.jpg
          源内の熱い視線の先にはッ・・・!

     P1120010.jpg
           可愛らしい子犬の動画?♪(YouTube)




我が家のオトコ二人の楽しみ、
それは動画投稿サイトのワンコ動画・・・。

(それでいいのか?)






| 犬とブエノスアイレス | COM(2) | TB(0) |
2009-02-13 (Fri)



滞在するホテルの居心地の良さは、
旅好きな私たちが最も大切にしているポイントです。



■宿泊費が高すぎないこと。安すぎないこと。

■星の数にはこだわらないけど、立地(静かな場所)にこだわる。

■部屋数は少ないほどいい。




いつもそんな勝手な基準を設定して、
インターネットでホテルさがしをします。
個人で手配する方がだんぜん安いことが多いからです。

今回、キュラソーで宿泊したのは
デザインホテルというのが売りの(でも、「デザインホテル」って何のこと?)



【Floris Suite Hotel】






宿泊費用は高すぎず、安すぎず。
市街地から離れた海沿いの場所にあって静か。
プールやプライベートビーチもあり、
レストランはお洒落な雰囲気でしかも美味しいと
地元の人たちからも人気です。


P1040144.jpg
    ドアや窓のない開放的なフロント&ロビーは常夏の島ならでは。
スタッフは感じが良く、パピアメント語の他にスペン後やオランダ語、英語が堪能。








この旅行のために、
パピアメント語(オランダ領アンティル諸島で話されている、超マイナーな言語)
の勉強に数ヶ月励んだ語学オタクな夫は、
その勉強の成果を生かし
パピアメントでチェックインしたことで大喜び。
さらにパピアメントを極めるために
パピアメント語の辞書と
この島の中学校で使用されている国語の教科書を購入。

そんなマイナーな言語、
話せるようになったからって何か役に立つの・・・?





P1010001.jpg
  泊まった部屋はジュニアスイートの角部屋。

P1010002.jpg
      朝食はバルコニーでいただきます。

P1040108.jpg
パンくずや砂糖を置いていたら、南国チックな鳥さんが毎朝食べにくるように。

P1080251.jpg
       部屋から見えるプールに、

P1010007.jpg
       早速行ってみました。




アルゼンチンでもそうなんだけど、
欧米の人ってあまりプールで泳ぎません。

みんなプールサイドで寝そべって
日焼けのためのオイルをカラダにたっぷりと塗って
本を読んだりしているだけ。

そのおかげでホテルのプール独り占め。








ふとプールサイドを見渡してみたら、
ん?あそこにいらっしゃるのは、もしや・・・

P1010008.jpg

やっぱりイグアナさん!

P1010009.jpg

P1010010.jpg
    よく見ると、プールのあちらこちらにイグアナの姿が!




ペットショップや、は虫類好きの友人宅でしか
お目にかかったことのないイグアナが
うじゃうじゃいるので驚きました。

そのしっぽを掴んでキャーキャー遊ぶ私を見て




「イグアナごときで騒ぐんじゃないわよ」





と言いたげなウエイトレスの顔を見れば、
このホテルにイグアナがいることが
ごくごく自然なことなんだと分かります。

日本でいうならヤモリのような存在?





【Floris Suite Hotel】

 予約するなら、直接ホテルに予約するのではなく
 エクスペディアなどの予約サイトを利用した方が格安です。


http://www.florissuitehotel.com/02.html





| 中南米旅行記 | COM(2) | TB(0) |
2009-02-12 (Thu)


私の生まれ故郷、
沖縄の海もため息が出るほど美しいけれど
カリブの海もまた美しい!

壮大な原っぱ、アルゼンチンからやって来たせいか

空と海の青さが目に眩しい?

P1020022.jpg



長野生まれ、冬と雪をこよなく愛する夫は
白樺の森に癒されると言います。

沖縄生まれの私は、やっぱり海

じりじりと照りつける太陽の下、
日焼け止めクリームも塗らずに健康的な小麦肌になりたいから。でも、これがあとあとやっかいなことに。)

さあ!ダイビングへ!




キュラソーには、
40ちかくものビーチとダイビングスポットがあります。

だから、日替わりランチのように、
滞在期間中にあちらこちらの海に潜ることに。

島の北側は波が高いので難しいけれど、
南側は実に穏やかなスポットばかり。


P1020023.jpg
     入場が無料のビーチもたくさんあるけれど、

P1040142.jpg
       カフェテリアやバー、

P1040143.jpg
  シャワーなどその他施設が充実しているのはホテルが管理するビーチ。

P1060194.jpg
でも、海の透明度が高い・魚の種類が豊富なのは無料ビーチのような気がする。

P1060197.jpg
 世界屈指の透明度を誇るので、ダイビングやシュノーケリングが楽しい。




島には、
ビーチエントリーできるスポットがたくさんあるけれど
タグボートでスポットまで連れてってくれるツアーもあります。

私たちは、ウエットスーツやフィンなど
必要な物をアルゼンチンから持参していたので
レンタル料は取られずに一人50ドルくらい。
イルカと泳ぐことの出来るツアーもあり。


P1050189.jpg
        ボートに乗って、

P1050190.jpg
  ダイビングスポットへ移動。小さな島なので、所要時間数十分ほど。


  美しいサンゴ礁と色とりどりの魚たちが待つ海へ!


| 中南米旅行記 | COM(0) | TB(0) |
2009-02-11 (Wed)
私たちが10日の旅行に出ている間、源内は
近所のペットホテル(動物病院併設)でお留守番をしていました。

旅行から帰ってきてすぐに迎えに行ったら、
部屋中を駆け回って大喜び。

いつもお世話になっている獣医さんが
留守番中の様子を教えてくれました。

その話をまとめると、



庭で遊んでいる時に、自分のリードを噛み切ってメチャメチャにした。

決められた量のドッグフードを食べたクセに、それ以上のおやつを要求。

店員や客からたくさんおやつをもらって、ちょっとデブになった。




たしかに、
リードはメチャクチャになって
長さ5センチくらいしか残っていないし、
体型がコロコロして太ったカンジ。

それでも、
10日もの間「ナゼ、自分はここにいるのかも分からずに
ひたすら私たちが迎えに来るのを待っていたんだな?と思うと
愛おしさでいっぱいになります。


源内、ごめんね。
もうひとりぼっちにしないからね





新しいリードをその場で購入して、
家まで歩いて帰りました。

源内は、何度も私たちの方を振り返ります。
とっても嬉しそう。

やっぱり、
源内も一緒に旅行が出来るよう
何か方法を考えなくっちゃ。



帰宅後すぐに、

事件は起きました。



夫がサイドテーブルに何気なく置いた携帯電話。
それをめざとく発見した源内。
私たちがビールを飲みながら、
旅の思い出をああだこうだと話している間に・・・


     罪名:器物損壊
     P1100293.jpg

     被告:ビーグル犬源内(♂/もうすぐ1才)
     P1100295.jpg
          反省?ビーグルの辞書に、その文字はありません。



夫が厳しく叱っても、
反省の色はなく挑戦的な態度。

もしかして、
留守番でストレス溜まってた?






| 犬とブエノスアイレス | COM(4) | TB(0) |
2009-02-10 (Tue)



嗚呼!
海に癒されたい・・・!
単にダイビングがしたいだけ)





そんな切実な思いで実現した、
キュラソーへの旅行。
9泊10日という日程のために、
夫が「リフレッシュ休暇」を取りました。






暑いのが何より苦手な夫、
常夏の島でホントにリフレッシュできるのか






そんなギモンを抱きつつも、
ブエノスアイレス(アルゼンチン)ボゴタ(コロンビア)と乗り継いで
カリブ海に浮かぶ島、キュラソーに上陸。

オランダ領アンティル諸島とは、
カリブ海にあるオランダの海外領土のこと。
つまり、オランダの州のひとつです。

日本では、
キュラソーのお隣アルバ島の方が観光地として有名だけれど、
世界遺産の街ウィレムスタッドのあるキュラソーも、
世界中からの観光客でにぎわっています。

P1030097.jpg
 港から眺めるウィレムスタッドの街並。おもちゃ箱みたいで可愛らしい。

P1030096.jpg
   広場にはためくキュラソーの旗。ブルー×レモンの色が爽やか。

P1030077.jpg
新しい建物のように見えるけれど、世界遺産に登録されるくらいなのだから相当歴史がある。
これは1700年代に建てられた。現在は香水や時計などを販売する店。



    建物の横壁には、こんなデコも!





キュラソーといえば、
ブルーキュラソーオレンジキュラソーなど
カクテルに使われるリキュール酒の特産地として有名。

キュラソーでブルーキュラソー(の入ったカクテル)を飲むのも、
今回の旅の目的です。夫曰く、「くだらない・・・」)

74986928a0f6ebea.jpeg
  コレね。







市内の移動ならバスや地下鉄で済んでしまうブエノスアイレスと違って、
この島の主な交通手段はやっぱり自動車。
空港ですぐにレンタカーを借りるのが無難です。
車種によって金額は大きく変わってくるけれど、
ほぼ日本と同じくらいの金額が必要。
物価も日本と同じくらい。

でも、フリーゾーンになっているので
輸入品をかなり格安で購入することが出来るのはお得です。


P1030105.jpg
   こんなキュートな観光バスで市内観光することも出来る。










| 中南米旅行記 | COM(4) | TB(0) |
2009-02-07 (Sat)

友人宅のパーティーに招待されたので、
この夏に購入したホルターネックのワンピースを
クローゼットの奥から引っ張り出した私。

        SANY0003_convert_20090129011533.jpg
           ラテンらしい派手な色柄に人目惚れ。




パーティーが始まるまで
あまり時間がない。
急いで準備しなくっちゃ。

ワンピースに着替えた後、
このワンピに合わせて買ったピンク色のサンダルを
靴箱から取り出して置きました。

すると、

リンリンリン・・・

と電話の音。

私が電話に出て話していた
わずか3分間の間に、事件は起きたのです。



ー被告の供述によると、

飼い主(つまり私)が電話に出るため部屋を出た後
ピンク色の可愛らしいサンダルがあるのに気がつきました。

これまでも何度か
飼い主の靴を破壊し、逮捕・刑に処せられたことのある被告は
二度と同じ罪は犯すまいと、強く心に誓っていたのです。

しかしながら、被告にとって人間の靴というものは
非常に興味をそそられる対象であり、
鮮やかなピンク色のサンダルを見た被告は

「破壊したい」という衝動を抑え切れなくなりました。

そしてついに、犯行に及んだのです。





     ?実況見分?

     KICX1500_convert_20090129011703.jpg
            目の前にサンダルがあったので、

     KICX1502_convert_20090129011745.jpg
         左のサンダルをガジガジしました。おいしかったです。
     






この後、
源内がジャージ巻きの刑に処せられたことは
言うまでもありません。






| 犬とブエノスアイレス | COM(2) | TB(0) |
2009-02-06 (Fri)


いつも買い物に行く、
大手スーパーのレジの脇に
チョコレートやガムなんかと並んで
こんな雑誌も売られています。


scan_912813833_1_convert_20090129001402.jpg




『entore casa』   直訳すると「家の間に」


毎月変わるおシャレな表紙が気になっていたのだけど、
一度も手にしてみたことがなかったのです。
今日は買い物客がたくさんいて
レジに長蛇の列が出来ていたので、
ヒマつぶしに手に取って読んでみることにしました。

すると・・・



コレはもしや、

ビーグルさんではありませんか


scan_9128131710_1_convert_20090129001949.jpg
2枚のうち上の絵。間違いなくビーグルさん。1907年、アメリカで描かれたもの。




どうやら、子どもの本の紹介ページらしい。
そしてお料理ページは、
私の大好きなにんじん特集。

この雑誌、買ってみることにしました。
早速家に帰り、パラパラとめくってみます。

ファッション、アート、グルメ・・・
ページ数は少ない雑誌ではあるけれど、
内容はなかなか充実しているじゃないですか。

結婚し、専業主婦となって家庭にはいっても、
お洒落に気を遣い、アートに親しみ
子育てにも一生懸命な女性がたくさんいます。
そういう女性のニーズを、うまく捉えていると言えるでしょう。
なかなかやるなあ、アルゼンチン。






| 私とブエノスアイレス | COM(1) | TB(0) |
2009-02-05 (Thu)
タンゴの国アルゼンチン。

ブエノスアイレスにはあちこちに
タンゴショーを観ることが出来るレストランやバルがあります。

地元客が多いミロンガと違って、
有名なレストランやバルは観光客向けの店が多いです。
だから値段も観光客価格。




それでも、




「せっかくアルゼンチンに来たのだから

 歴史あるレストランやバルでタンゴを楽しみたい。

 多少お金がかかっても惜しくはないわっ






そんな人にピッタリなのが、
ブエノスアイレスの下町
サンテルモ地区にある【Bar Sur】

同名の映画に使われているのでよく知られていて、
連日のように観光客が訪れる超有名店です。

店の入り口には、
世界各地からやってきた有名人たちの写真がズラリ。


     SANY0012_convert_20090128202304.jpg
         かなり小さな店なので客席数も少ない。予約して行くのが無難。





日本から友達が来たので、
せっかくだからと出かけてみました。

噂には聞いていたけれど、
やっぱりこの店ってなんでも高くつくなぁ・・・
食事無し、ショーとワイン(ボトル1本)のみで
一人あたり200?300ペソ(6000円?9000円)くらいでした。

でも、さすが有名店。
ショーに出てくる人たちは、バンドもダンサーも
タンゴ界ではトップクラスの人ばかり。(私はよく知らないけど)

けれどそれも日によるらしく、
しょぼいショーしか観られない時もあると聞きます。
だから、事前にショーの内容を確認した方がいいです。

ちなみに、地元の客がほとんどいない店なので
観光客だとバレたくない人、
タンゴ通だと思われたい人にはオススメできないかもしれません。

(でもHPがめちゃくちゃかっこ良くて行ってみたくなるのよ?)





*****************************************

【Bar Sur】

住所Estados Unidos299
電話4362-6086
MAILinfo@bar-sur.com.ar
HP
http://www.bar-sur.com.ar/

*****************************************











| アルゼンチンでタンゴ | COM(0) | TB(0) |
2009-02-02 (Mon)

「なんか部屋が生ゴミ臭いな?」



と思って鼻をクンクンさせながら

臭いの元を探してみたら・・・



我が家のビーグルだった。





源内、なんであんたそんなに臭うの

・・・さては、またゴミ箱をあさったね




早速、お風呂に入れることにする。

普段いたずらしてばかりの源内だけど、

風呂の気持ち良さを知っているのか

湯船に入れた途端に大人しくなる。

KICX1487.jpg
    「・・・・・・。」  なに、その遠い目。



子犬の頃からお風呂が大好きで、

お湯の中で「ウィ?、ウィ?」

気持ち良さそうに唸っている。

犬と一緒に入れる温泉があるなら、

連れてってあげたいと本気で思う。


KICX1490.jpg
      ・・・・・・・連れてってね?

KICX1496.jpg
    ホラ、顔へのシャワーもヘッチャラなのよ?













| 育犬日記 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。