12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-25 (Wed)


南米のパリ・ブエノスアイレスに暮らすポルテーニャたちは、
オシャレにとっても敏感です。
彼女たちの間で、今とっても「カワイイ」と人気なのが、
今日ご紹介するブランド


   mariana maggi


です。



mariana maggi05.jpg




アルゼンチン生まれのインナーウェアブランドなのですが、
チリのサンティアゴ、スペインはマドリード、
そしてモード界の最先端を行くニューヨークにも進出しています。
といっても、店舗を構えているわけではなく
セレクトショップに卸す販売スタイルなのですが。

さて。
このブランドに出会うまで、
パンツなんて、見えないんだからどうでもいいのよ、と思っていた私。
パンツ、と言ってる時点で女子失格な感がありますが、
そんな自分は本当に間違っていた!と、泣いて謝りたくなるくらいに
素敵なインナーウェアが揃っています。

バラ柄やパステルカラーの生地で丁寧に作られたブラやパンティー。
その可憐で繊細な雰囲気といったら!
身につけているだけで、おとぎの国にでもいるようなロマンティックな気分に。



maggi3.jpg



maggi6.jpg



mariana maggi06.jpg



ちなみに、ここアルゼンチンで女性用の可愛らしいパンティーのことを
"ボンバチータ"と言うのですが、なんだかその響きも可愛らしいですよね。

foto/Alejandra Kalnisky


ホームページもとっても可愛い
http://www.marianamaggi.com.ar/

スポンサーサイト
| 買う!ブエノスアイレス | TB(3) |
2010-03-10 (Wed)


escudolamartinablog.jpg



イギリスのチャールズ皇太子が愛用している
ポロブランド【LA MARTINA】

数年前、イタリアで大ブレイクしてから日本でも知られるようになったためか
このブランドをイタリアブランドと紹介しているサイトもありますが、
【LA MARTINA】はアルゼンチンを代表するブランドです。

プロのポロ選手用の乗馬ブーツなどはもちろんのこと、
ポロをモチーフとした上着やシャツなどが人気です。
特にこのブランドのポロシャツはとってもオシャレで、
ヨーロッパの国々でも人気が高いのです。

男性用のポロシャツは、肩のあたりがカチッとしており
着るだけで体のラインがとてもキレイに見えます。
女性用のポロシャツは、カジュアルすぎずエレガント。
襟にレースが施されていたり、袖がふくらんでいたり、
ひとひねりあるのが特徴です。


cinturones-la-martina_convert_20091010003057.jpg


 かつて乗馬をやっていた私の夫も
 このブランドの大ファンですが、
 彼がいつもチェックを欠かさないのが、ベルトです。
 牧畜の国・アルゼンチンは、牛革製品でも有名。
 このブランドでも、様々な色・タイプの革製ベルトが販売されています。
 アルゼンチン国旗をさりげなくあしらったもの、
 大衆芸術であるフィレテアード調のものなどなど、
 そのデザインがとってもアルゼンチンらしいの!




polo-la-martina.jpg


このブランドの始まりは1936年。
昔からアルゼンチンでは、ポロや競馬観戦が上流階級の楽しみでした。
ポロの競技用品を作ることから始まったこのブランドは、
今ではヨーロッパをはじめ世界中の人々に愛されるようになりました。


ブエノスアイレス市内だけでも、かなりの数の支店がありますが、
特におすすめがドレーゴ広場(サンテルモ地区)に面した店舗です。
100年以上前に建てられた古い家屋を改築し、
骨董の町にふさわしい内装でお客さんを迎えてくれます。

La Martina

La Martina2

La Martina3


**********************************

 【LA MARTINA】 ポロシャツやポログッズを買うなら!


 URLhttp://www.lamartina.com/2007/home.php?lang=ES

  住所ブエノスアイレス市内の主要デパート内に店舗あり。詳しくはwebで。


**********************************


| 買う!ブエノスアイレス | TB(0) |
2010-02-22 (Mon)








アンティークやレトロが大好きな人に、
絶対おすすめのサンテルモ・日曜骨董市。


たくさんの露店とアンティークショップが軒を連ねる中、
この2年間通い続けた私の、お気に入りのショップをご紹介します。




貴族が住んでいた建物をそのまま使用。
各部屋それぞれに、個性溢れる骨董屋さんが入っている




   【Rosaje la Defensa】




ここは、ブエノスアイレス市おすすめの観光スポットにもなっており、
アルゼンチン黄金時代の上流家庭の家屋を見学できるとあって
いつもたくさんの観光客で賑わっています。




P4160046


▲吹き抜けから見たところ。モノトーンの床がクラシカル?♪


P4160043




PobEeOsY


▲古いものたちが所狭しと並べられています。
 階段下の壁にかけられていたのは、たくさんの手袋。





Defensa通りに並ぶアンティークショップと違って、
手頃なお値段の物が多いです。
ガラクタにしか見えないようなこまごまとした物の中から、
ひょいとお宝を発見することの多い場所です。




************************************************************


【Rosaje la Defensa】 貴族のお屋敷まるごとアンティークショップ


 住所Defensa 1179,1065


************************************************************








前回記事でも触れた、「Viejo」と呼ばれるランクの品々。
骨董と呼べるほど古くはないのだけど、
それなりの月日を経たレトロな物たちー。
日本でいえば、昭和レトロな商品がたくさん並んでいるのが、
ドレーゴ広場近くにある




   【Cualquier verdura】




です。
中庭付きのアパートをアンティークショップとして使用。
100年以上も前に作られたような、貴重で希少価値の高いアンティーク品ではなく、
せいぜい50年くらい前の物が多いショップです。
ヨーロピアンな古着も多数。これが状態もよく、ほんとにキュートなの!
今まで、古着ファッションに興味がなかった人にも、
ダマされたと思って覗いてみて欲しいショップです。




P4160034


▲ショップ内。見ているだけでワクワクしてきます♪


P4160036


▲つい長居してしまうのは、こんな中庭があるからかも?
 まったりとした気分でお買い物を楽しめます。







この店には、あえてレトロなデザインに作られている
新しい品々もたくさんあります。
古くなくても、古っぽく見える「なんちゃってアンティーク」も
なかなか味があってよろしいのです。




P4170003




P4170012


▲私が買ったのは、コーヒー色のカップと、
 ところどころ気泡が入っている灰色のエスプレッソカップ。


 




なんちゃってアンティークの良さは、
新しい物なので、かなり数が揃っていることです。
骨董市で素敵なカップを見つけても、
欲しい個数が揃わないことがしばしば。
でも、なんちゃってアンティークなら
そういう心配がありません。
だから私も、↑(上)のカップを
それぞれ6つずつ購入しました。






************************************************************


【Cualquier verdura】昭和レトロな雰囲気がとってもカワイイ!地下階はカフェテリアになっています。


住所Humberto Primo 517
TEL4300-2474
URLwww.cualquierverdura.com.ar
営業木?日曜日12時?20時


************************************************************






ブエノスアイレスの下町、サンテルモ・日曜骨董市。
次回も、おすすめショップをレポートします。





| 買う!ブエノスアイレス | TB(0) |
2009-11-09 (Mon)
 scan_9111051056_1_convert_20091110051349.jpg


着こなしの数だけ欲しいバッグやカバン。
シャネルやヴィトンのブランドバッグもいいですが、
アルゼンチンらしい個性的なカバンをおひとついかがですか?
今回ご紹介する〈kiev〉は、
エビータやチェ・ゲバラなどのアルゼンチンの有名人、
オードリーヘップバーンなどの世界的に有名な女優、
はたまたアメコミやアルゼンチンの地図がプリントされたカバンが
ポルテーニャたちに大人気のショップです。


        kiev-2



私がこのショップに通うようになったのは、
フリーダをモチーフにした商品が売られているからです。
映画『フリーダ』を観てからというもの、
自由な彼女の生き方に興味を持つように。
彼女の描いた絵画についてはあまり知識がないのですが、
画家としての彼女の表情が大好きです。
フリーダはメキシコ出身ではありますが、
ここアルゼンチンでも人気のある画家です。
彼女の顔写真がプリントされた商品が数多く売られていますが、
このショップで私が買ったのもフリーダの顔写真がプリントされたブレスレット!


    kiev-1

    モノクロで、なんとなくレトロな雰囲気。
同じタイプのオードリーヘップバーンブレスレットもありました。



                kiev-4

                 マリリン・モンローのカバンもいいなあ・・・。


     kieb-5

     観光客に人気なのは、やっぱりチェ・ゲバラ関係商品だそうです。


小さな店ですが、商品の種類はかなり豊富です。
このショップのサイトを見ていただけば分かるのですが、
カバンだけでも様々な色・柄・形の物を販売しています。
しかも、どんどん新しいデザインの物が追加されるので、
いつ行っても何か欲しくなっちゃう!


                  kiev-3

                   フェルトで作られたヘアアクセなども人気。


      kiev-5

      なぜか、招き猫やクレオンしんちゃんグッズも。




アルゼンチンにゆかりのある有名人の商品もたくさんあるので、
日本の友だちへのお土産にもいいかもしれません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈kiev〉
 住所J.L.Bolges 2007 電話4834-6959
 営業時間月?日/11時?20時まで
 URLhttp://www.factorkiev.com.ar/home.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
| 買う!ブエノスアイレス | TB(0) |
2009-10-26 (Mon)
   マリアの店3


私の大切な友だち、María(マリア)が経営する雑貨店を紹介します。

お洒落でセレブレティなショップが集まるレコレタ地区。
Santa Fe(サンタ・フェ)通りから
ちょっと入った場所にある雑貨店【Alle's Design】は、
マリアがセレクトしたアクセサリーやバッグ、
乙女ゴコロをギュッと掴む小物に溢れています。

       マリアの店2





個性的なお洒落を楽しむポルテーニャたちの
ファッションセンスにはいつも関心させられるのですが、
アラブの血を引くマリアのセンスもまた独特です。
彼女の普段のファッション同様、この店の商品はどれも
一見するととても派手に見えるのですが、
ディテールにこだわった物ばかりでどことなく品があるのです。



マリアの店1
 
 ピカピカのゴールドが眩しいパーティーバッグも、
 ケバケバしく見えないのは
 エレガントな模様が施されているから。






マリアの本職は弁護士です。
美しいだけでなく知的な彼女に
同性の私もいつもウットリしてしまうのですが、
彼女はまた日本食のシェフでもあります。
料理学校で学び資格を取得したというその腕前は、
料理が苦手な日本人の私がとうてい敵うはずもなく・・・





忙しいマリアに代わって店番をしているのは、
彼女の夫のNéstor(ネストル)です。
たいてい彼の親友の新聞記者のミゲルも一緒に店にいて、
おっさん二人が店番をしているため入りにくいと思われるかもしれません。
でも大丈夫!ネストルもミゲルも
アルゼンチン男性らしく女性に親切で、とても親日家です。
日本人女性のお客さんなら、割引してくれるかも???


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Alle's design】

 住所Azcuenaga1183 電話4823-2251
 URLhttp://allesdesign.spaces.live.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
| 買う!ブエノスアイレス | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。